2014.1.26 05:04

音月桂、宝塚退団後初ミュージカル!大先輩・一路真輝と共演

宝塚退団後、初のミュージカルで主演を果たす音月桂。女優としての幅をさらに広げる

宝塚退団後、初のミュージカルで主演を果たす音月桂。女優としての幅をさらに広げる【拡大】

 元宝塚歌劇団男役トップの女優、音月桂(33)が、7月開幕のミュージカル「ブラック・メリーポピンズ」(鈴木裕美演出、東京・世田谷パブリックシアター)で主演を務めることが25日、分かった。

 2012年12月の宝塚退団後、初のミュージカル。作品は同年に韓国で上演され、大ヒットした演目の日本版となる。火事で焼死した心理学者の4人の子供の出生の秘密をめぐる心理推理スリラーという新ジャンル。音月は4人の中で紅一点の長女、アンナを演じる。

 共演は宝塚出身で、音月と同じ雪組トップスターの大先輩に当たる女優、一路真輝(49)ら。音月は「現役時代にはご一緒することがなかったのでとても光栄。一緒に同じ時を過ごしていただけたら、うれしい」と胸を躍らせている。

音月桂(おとづき・けい)

 1980年6月19日生まれ、埼玉県出身。98年、宝塚歌劇団に入団。雪組に配属された。2010年9月、雪組トップスターに就任。昨年4月、EXILEのAKIRA(32)主演のフジテレビ系SPドラマ「GTO 完結編」で女優デビューした。1メートル66。血液型O。

(紙面から)