2014.1.9 05:06(2/3ページ)

涙で恨み節…宮根誠司「たかじんさん、なに死んでくれてんねん」

やしきたかじんさん

やしきたかじんさん【拡大】

 涙をポロポロこぼしながらの恨み節だった。

 「冷たいよね。長いことかわいがってもらった者からしたら。天国に行ってない。地獄でえんま様とケンカしてる」

 生放送中、毒舌交じりに話していたが、いつも酒席で歌ってくれた「ICHIZU」が流れると感極まった。「歌聴くとキツいわ。明るく送り出したかったけど…」。

 本番前には大阪市の読売テレビで会見。昨年4月、食道がんの治療から復帰したたかじんさんと同局「たかじんのそこまで言って委員会」で共演したときのことを振り返った。楽屋へあいさつに来た宮根に、たかじんさんは「俺、モデルみたいな体形になったやろ」とおどけたという。

 元気な笑顔に「師匠と弟子やないけど僕の中で絶対にあった一線」が消えた。「いとおしくなって背中越しに抱きつきました。そんなん初めてです。『どの辺、手術したんです?』と服の上からなでさせてもらって」。

【続きを読む】