2014.1.9 05:06(1/3ページ)

涙で恨み節…宮根誠司「たかじんさん、なに死んでくれてんねん」

涙を必死でこらえながら、やしきたかじんさんとの思い出を語った宮根誠司=大阪市中央区(撮影・澤野貴信)

涙を必死でこらえながら、やしきたかじんさんとの思い出を語った宮根誠司=大阪市中央区(撮影・澤野貴信)【拡大】

 歌手でタレント、やしきたかじんさん(64)の訃報から一夜明けた8日、親交の深かった著名人が早過ぎる死を悔やんだ。フリーアナウンサーの宮根誠司(50)は日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜後1・55)で黙って逝ったことに「冷たいよね」と無念の涙。本番前の会見では、最後の共演時の楽屋で「いとおしくなって抱きしめた」と告白した。

【続きを読む】