2014.1.8 05:08(4/4ページ)

“浪速の視聴率男”やしきたかじんさん死去…がん全身転移

“浪速の視聴率男”やしきたかじんさん死去…がん全身転移

08年、松山千春と

08年、松山千春と【拡大】

★事務所コメント

 ファンの皆様、関係各位

 やしきたかじんは、2012年1月に食道癌と診断され、1年2カ月の療養を経て番組復帰をさせて頂くほど順調に快復しておりましたが、復帰後すぐに体調の不良を訴え、再び休養をさせていただきました。

 休養中、もう一度皆様に元気な姿をお見せできる日を目指し、闘病を続けてまいりましたが、2014年1月3日、やしきたかじんは、安らかに天国へと旅立ちました。享年六十四でした。

 尚、葬儀は故人の強い意志に従い、近親のみの手で密葬にて一切を相済ませました。

 ここに謹んでご報告申し上げますと共に、故人の快復を祈り待ち続けて頂いたファンの皆様、同じく、本人不在で続けて頂いたレギュラー番組関係者の皆様、最後にやしきを愛して頂いた全ての皆様に厚く御礼申し上げます。

 尚、偲ぶ会等の開催に関しては、現在未定です。その節は改めてお知らせさせて頂きます。

 2014年1月7日 株式会社パブリックインフォメーションスタイル

やしき たかじん

 本名・家鋪隆仁(やしき・たかじん)。1949年10月5日生まれ、大阪市西成区出身。龍谷大経済学部中退。在学中に歌手を志し、京都・祇園のクラブで歌い始める。71年に「娼婦和子」でデビュー。代表曲は「あんた」「やっぱ好きやねん」「東京」など。名司会者としての地位を確立し、「浪速の視聴率男」の異名を持つ。21歳のとき京都出身の女性と結婚し1女をもうけたが、1年で離婚。93年に和服モデルと再婚し、2006年末に離婚。昨年秋、一般女性と再々婚した。血液型O。

(紙面から)

  • 甘い歌声と毒舌で人気者だったやしきたかじんさん。長年、関西のお茶の間で愛された名司会者の姿はもう見られない(2010年11月20日撮影)
  • 司会者のみならず歌手としても活躍したたかじんさん。2008年8月には、自身プロデュースのコンサートで6年ぶりに歌声を披露し、ファンを喜ばせたが…
  • 08年、阪神戦で始球式
  • 11年、橋下知事(当時)と