2014.1.8 05:06

訃報に奔走…在阪局、たかじんさん“冠”守り続ける

 “浪速の視聴率男”の異名をとったタレント、やしきたかじん(本名・家鋪隆仁)さんが3日未明、死去したことが7日、分かった。64歳だった。たかじんさんの訃報に在阪各局は対応に追われた。「たかじんのそこまで言って委員会」(日曜後1・30)を放送中の読売テレビは「回復を信じていたが…。たかじんさんの『いなくなっても続けてもらいたい』というご意志を確認、尊重して番組タイトルはそのままに継続していきたい」と“浪速の視聴率王”の名がテレビ上で生き続けることを表明。次の収録は10日に予定されている。

 関西テレビは「たかじん胸いっぱい」(土曜正午)の11日放送分を追悼企画とする方針で「現在内容は調整しています」と説明。テレビ大阪も引き続き「たかじんNOマネー~人生は金時なり~」(土曜後1・0)の“冠”を守っていく。

 2007年まで「たかじんONE MAN」を放送していた毎日放送は、8日生放送の「ちちんぷいぷい」(月~金曜後2・55)で前半をたかじんさんの追悼特集にすることを決定。大平サブロー(57)ら親交があったレギュラー陣が出演する。

 毎日ラジオでも8日午後7時から追悼特番を放送。ゆかりの著名人が登場し、たかじんさんの楽曲を流しながらしのぶ。

(紙面から)