2014.1.6 05:02

【’14ブレーク!ウーマン】13歳“加賀っ娘”浜辺美波

女優への思いを語ると、笑みが弾けた浜辺美波。強い目力が印象的だ(撮影・今井正人)

女優への思いを語ると、笑みが弾けた浜辺美波。強い目力が印象的だ(撮影・今井正人)【拡大】

 はにかんだ笑顔の中に、りんとした強さを漂わせる“加賀っ娘”。浜辺美波(13)は、女優、沢口靖子(48)、長澤まさみ(26)らを輩出した「東宝シンデレラ」出身の逸材だ。

 8日スタートのフジテレビ系ドラマ「僕のいた時間」(水曜後10・0)では2作目の連ドラに挑む。主演の三浦春馬(23)扮する難病を患う大学生、澤田拓人の隣に住む桑島すみれ役。「家庭教師の三浦さんのことが大好きな子です」と瞳を輝かせた。

 私生活でもそんな気持ちになったことがあるか尋ねると「ないです。初恋? ないです。告白されたこと? ゼロです」と赤面。顔の前で両手を大きく振った。

 初々しい13歳だが、オーディション合格後のレッスンには、自宅のある石川県から1人で上京するしっかり者。目標は「長澤さんと上戸(彩)さん。明るい女優さんになりたい」と声を弾ませた。人気女優への道の扉を開いたばかりだ。

浜辺美波(はまべ・みなみ)

 2000年8月29日生まれ、石川県出身。2011年の「第7回東宝シンデレラ」でニュージェネレーション賞を受賞。12年2月公開の「逆転裁判」(三池崇史監督)で映画、同7月にTBS系「浪花少年探偵団」でテレビデビューを飾った。ヒロインを務める映画「世田谷区、39丁目」が今年公開予定。1メートル55、体重38キロ。血液型B。

(紙面から)