2013.12.31 23:08

大島優子がAKB48を卒業 紅白で自ら発表/紅白

卒業を発表した大島優子=東京・渋谷NHKホール(撮影・古厩正樹)

卒業を発表した大島優子=東京・渋谷NHKホール(撮影・古厩正樹)【拡大】

 AKB48の大島優子(25)が31日のNHK紅白歌合戦のステージ上で、AKBからの卒業を電撃発表した。

 「恋するフォーチュンクッキー」を歌い終わった後、マイクを握った大島は「この場をお借りして言いたいことがあります」と告げると、「私、大島優子はAKB48を卒業します」とキッパリ。会場はどよめきに包まれた。多くのメンバーはあ然とした表情で立ち尽くしたが、総監督の高橋みなみ(22)だけは事前に聞かされていたのか、大島が発表をする直前から涙を浮かべ表情をゆがめていた。

 「こうして紅白歌合戦に出演させていただくのも、これが最後になりました。感謝の気持ちを込めて歌わせていただきます。そして来る2014年も48グループの応援をよろしくお願いします」

 会場からは「ユウコ・コール」も起こる中、大島は「AKB48、2013年歌い納めです。紅組、盛り上がっていきましょう! ヘビーローテーション」と宣言。全員で「ヘビーローテーション」を歌い踊った。

 歌い終わった大島を白組司会の嵐、二宮和也(30)が呼び「びっくりしましたけど…」とこちらも驚いた表情で質問した。大島は「すいません、きょうの発表で」と苦笑いしながら話し、続く「これは(他のメンバーは)みんな知ってたの?」との問いには、「言ってないです」。さらに「芸能界を(卒業する)?」との質問には、手を振りながら「ていうわけではなくて、AKB48を私は卒業させていただきます」と答えた。

 二宮も「ってことだよね。おれ、すげえビックリしちゃって、ええっと思ったんだけど…」と返すと、大島は笑顔で「これからはソロで、大島優子として活動していきます」と話した。

紅白出場歌手へ