2013.12.23 05:02

夏目三久、アカデミー賞案内役「『風立ちぬ』受賞しても…」

両肩を露出したエレガントなドレスを華麗に着こなした夏目三久。「これまでは家で生中継を拝見させていただいたけど、今回は自分がお伝えすることができ光栄です」と大役を喜んだ=東京・六本木

両肩を露出したエレガントなドレスを華麗に着こなした夏目三久。「これまでは家で生中継を拝見させていただいたけど、今回は自分がお伝えすることができ光栄です」と大役を喜んだ=東京・六本木【拡大】

 フリーアナウンサー、夏目三久(29)が来年3月3日に米ロサンゼルスで開催され、WOWOWが生放送する「第86回アカデミー賞授賞式」(前9・0)の案内役を務めることが22日、分かった。

 都内で取材に応じた夏目は、エレガントなドレスに身を包み「世界最高のエンターテインメントショーの熱気を、日本中の映画ファンにお伝えできれば」と気合十分。

 注目作品に長編アニメ賞候補になった宮崎駿監督(72)の「風立ちぬ」を挙げ、「(監督の)引退作でもあるので、ぜひ受賞して世界中の人に見てもらいたいですね」と力を込めた。

 感動作が大好きで、劇場で涙することも多いというが、「『風立ちぬ』が受賞しても、本番中は絶対に泣きませんよ。プロの案内役に徹します」と大きな瞳を輝かせた。

(紙面から)