2013.12.17 05:03(1/2ページ)

綾瀬が歌う!震災復興支援ソングを出場歌手らと大合唱/紅白

特集:
綾瀬はるか
紅白のステージで歌を披露する綾瀬はるか。本番に向け、スタジオでレッスンを重ねている

紅白のステージで歌を披露する綾瀬はるか。本番に向け、スタジオでレッスンを重ねている【拡大】

 大みそか放送の「NHK紅白歌合戦」(後7・15)で紅組司会を務める女優、綾瀬はるか(28)が紅白のスペシャルステージで歌唱することが16日、分かった。

 自身がプレゼンターとなる特別企画で、同局の東日本大震災復興支援ソング「花は咲く」を紅白出場歌手とともに熱唱、ソロパートも担当する。出場歌手兼司会の歌唱は故美空ひばりさんや和田アキ子(63)、嵐らがいるが、特別企画で歌手以外の司会者が歌うのは異例となる。

 綾瀬は15日に終了した大河ドラマ「八重の桜」で、会津藩(現在の福島県西部)出身の主人公、新島八重を熱演。1年にわたり、舞台となった東北に元気を届けてきた。

 同企画では、綾瀬が今月4日に原発事故で同じ福島県の会津若松市に避難した中学生たちを訪ねた様子を紹介。子供たちと触れあう映像に乗せ、「花は咲く」を出場歌手らと大合唱する。

【続きを読む】