2013.12.14 05:01

「ネスレシアター」200万回突破!本広監督新作など5作品公開

木村好克監督「通学ダッシュ!」に出演する山本舞香

木村好克監督「通学ダッシュ!」に出演する山本舞香【拡大】

 「半落ち」の佐々部清氏(55)、「踊る大捜査線」シリーズの本広克行氏(48)ら著名な映画監督が制作したオリジナル作品を動画サイト「YouTube」で公開する「ネスレシアター on YouTube」の再生回数が、200万回を突破した。

 「ネスレシアター」は、著名監督の質の高い作品を同サイト限定で無料公開する企画。各監督がネスレや同社製品を自由に表現した映像「ネスレイントロダクション」も作品冒頭で紹介されており、新しいコミュニケーションモデルとして注目を集めている。

 11月14日から第1弾として佐々部監督の「ゾウを撫でる」(出演・大杉漣=62)、本広監督の「Regret」(同・原田泰造=43)が公開され、これまでに「ゾウ-」が85万回、「Regret」の再生回数が102万回を記録。

 さらに、今月10日から第2弾として公開された月川翔監督(31)の「ゴーストバンド」(同・マキタスポーツ=43)、真壁幸紀監督の「Starry Night」(同・渡辺大知=23)、木村好克監督(40)の「通学ダッシュ!」(同・山本舞香=16)も人気を集め、5作品の累計再生回数は200万回を超えた。

 視聴者からは「家で見られるのがいい」などの声が寄せられ、各監督のファンはもちろん、映画館になかなか行くことのできない人々にとっても魅力的なコンテンツになっている。

 「ネスレシアター」は来年1月以降も順次、作品の公開を計画中。

(紙面から)