2013.12.9 14:00(4/6ページ)

【韓Fun】グァンス&ゴニル 超新星の「絆」を語る

スペシャルインタビューに応じた超新星のグァンスとゴニル

スペシャルインタビューに応じた超新星のグァンスとゴニル【拡大】

 

 《超新星は、グループ活動と並行してミュージカルやドラマ、映画などソロ活動も精力的に行っている。グァンス&ゴニルがWキャストで主演するミュージカル「RUN TO YOU~俺たちのストリートライフ~」も来年1月15日に東京・六本木のアミューズ・ミュージカルシアターで開幕する。昨秋の大阪・松竹座の再演で、東京公演は今回が初めてとなる》

--「RUN TO YOU」は、お二人にとってはミュージカルデビューの作品ですよね。改めて感想を

 グァンス「やっぱり初めての経験って、人間にとって、絶対に忘れられない記憶として残るじゃないですか。僕にとっても一生忘れない1カ月間だったと思うし、今回東京での再演が決まったときにすごくうれしかったし、今も早く舞台に立ちたくてしようがないくらい楽しみです」

 ゴニル「僕は大阪公演のときに練習する時間がすごく少なくて、結構残念だったなって思っていたんですね。今回は時間も十分あるので、いっぱい、いっぱい準備してもっとステキなお芝居をファンのみなさんに見せたいと思ってます」

--主人公のジェミンを演じてみて、改めて役に共感した点は?

 グァンス「ジェミンって作品の中でグループのリーダーなので、ちょっとリーダーの気持ちが分かったところもあるし、メンバーへの愛を改めて確認するいい機会になりました。やっぱり自分だけを考えるときが多かったから。でも、ジェミンを理解するために台本を何度も読んで何回も考えてみて。実際に演じて公演が終わって超新星のメンバーとして戻ってきたときに、メンバー同士の愛とか、メンバーを理解する気持ちの大切さが本当によく分かりました」

 ゴニル「作品の中でジェミンが一番お客さんに伝えたいメッセージというのは、人生は自分がやりたいことを諦めずに思い続けると、いつかかなうということ。ジェミンと僕との共通点はやっぱり自分のやりたいことをやりながら人生を過ごしているというところですね。作品の中でジェミンがメンバーに『自分たちがやりたい音楽をやろうよ』っていうセリフがあるんですが、そのセリフをステージで言うときに100%正しいと思っている自分がいて、一番共感できる部分です」

 心を揺さぶる感動。生を実感。ミュージカルは素晴らしい

 --劇中ではグループを成功させるためにジェミンが恋人との別れを決意します。そういう恋愛観はどう思う?

 グァンス「共感はできるんですけど、僕なら…う~ん、恋愛も仕事も同時にうまくできる自信はあります。でもなぜ仕事の成功のために彼女と別れようとしたのかという気持ちは理解できます」

 ゴニル「僕は理解できないですね。格好悪いと思うから。男なら両方うまくやるのが当たり前だと思うからです」

【続きを読む】