2013.11.25 05:04(2/3ページ)

5人のKARA“見納め”…号泣のジヨン「絶対忘れないで」

ツアーファイナル「KARASIA」神戸公演初日「ミスター」の(左から)スンヨン、ジヨン、ニコル、ハラ、ギュリ

ツアーファイナル「KARASIA」神戸公演初日「ミスター」の(左から)スンヨン、ジヨン、ニコル、ハラ、ギュリ【拡大】

 「神戸の皆さん、邪魔するで~! パチパチパンチ!!」。ギュリ(25)の吉本新喜劇・島木譲二(67)のギャグで始まったツアーファイナル。しかし、惜別の涙はこらえきれなかった。

 27日発売の新曲「フレンチキス」や同日発売の初のベスト盤「BEST GIRLS」に収録されているヒット曲計27曲で沸かせた5人。ステージ終盤で、まずニコルの涙腺が決壊した。

 「ツアー終わりますね。ホントに残念」と絶句。ギュリに励まされるが、言葉が続かない。

 「みんなに会えて歌いたい理由、踊りたい理由を思い出せた。ずっとずっと頑張りますからね。見守ってください。愛してます、大好きです!!」

 ニコルの“さよなら”に、ジヨンも涙が止まらない。「私、ホントに幸せな人でした。今日を絶対に忘れないでください」と話すと、声を上げて泣くファンも出た。

 アンコールに、「今、贈りたい『ありがとう』」を歌い出そうとすると、客席後方に「WE ●(ハート) KARA」の垂れ幕(横約10メートル×縦約4メートル)が。客席でも、公演前に有志の配っていたハングルと日本語の「ずっといっしょ●(ハート)」ボードをファンが掲げると、5人の瞳から涙があふれた。ニコルとジヨンは顔を上げられなくなった。

【続きを読む】