2013.11.23 05:03

MATSU&KENCHI、舞台「歌姫」に出演!

 EXILEのパフォーマー、MATSU(38)とKENCHI(34)が来年3月に東京・赤坂ACTシアターで上演される舞台「歌姫」に出演することが22日、分かった。

 高知・土佐清水市の港町を舞台に、古びた映画館「オリオン座」を取りまく人々の笑いあり、涙ありの人情物語。主演のMATSUは四万十川に流れつき、映写技師となった四万十太郎役。KENCHIは太郎とライバルのチンピラ、クロワッサンの松を演じる。

 「歌姫」は、俳優で脚本家、宅間孝行(43)率いる劇団「東京セレソンデラックス」によって2004年と07年に上演され、同年にはTOKIO・長瀬智也(35)の主演でドラマ化もされた人気作品。

 今回、ヒロインの岸田鈴役に抜てきされた実力派女優、谷村美月(23)は「MATSUさんは一流のパフォーマーなので、お芝居以外のことも教えていただきたいです」と意気込んでいる。共演は京野ことみ(35)、佐藤仁美(34)、鈴木伸之(21)ら。3月21日から30日まで。

(紙面から)