2013.11.23 05:03(2/4ページ)

【ヒューマン】ぐうたらタマ子は前田敦子そのまんま

特集:
前田敦子

 「プライベートの楽しみは食べること。夜に罪悪感を感じないものをたくさん食べます。揚げ物を夜に食べちゃうと、罪悪感があるじゃないですか~。鍋とか魚とか(ヘルシーなもの)をたくさん食べるんです」

 取材は空腹が始まる夕方。AKB時代から食いしん坊で知られている。細身の体を気にしながら、食いしん坊あっちゃんは今もそのままだ。

 映画「もらとりあむタマ子」は「山下監督と『食べるの好きそうだよね』っていう話から始まりました」。前田が演じた坂井タマ子は就職もせず実家でぐうたら暮らす女性。髪はボサボサ、服装はジャージー。ひたすら食べて寝ている。女優前田敦子の輝きは“封印”した。

 「一番自分がダラダラしている部分を使えたと思う。まだ、親とかに見てもらっていませんが、マネジャーさんが見る限りだと、そのまんまだそうです。自分の食べ方を見て、すごく恥ずかしさを感じました。汚なって!」。顔をくしゃっとさせて笑った。

 AKB時代は孤高のエース。群れない、こびない。自然体であることが彼女の魅力でもある。ぐうたらな姿を人に見せることは?と聞くと、「誰に見せても平気です」と即答した。

【続きを読む】