2013.11.15 05:03

また平家!松ケン、将門役にビックリ「なんという巡り合わせ」

 女優、天海祐希(46)が来春上演の「蒼(あお)の乱」で舞台復帰することが14日、分かった。今年5月に軽度の心筋梗塞で出演舞台を降板して以来、約10カ月ぶりとなる舞台に主演。業を背負った女と真っすぐに生きる男が国づくりを目指す物語で、舞台初共演の松山ケンイチ(28)と夫婦役を演じる。昨年のNHK大河ドラマ「平清盛」の清盛に続き、同じ平家の将門を演じる松ケンは「なんという巡り合わせなんだと驚きました」。天海には「今回がっつり共演するので、存在感に負けないように演じられれば」と抱負。18歳下の“夫”に天海も「舞台上では引っ張っていただきつつ、時には私も引っ張っていけたら」と信頼を寄せる。共演は早乙女太一(22)、平幹二朗(79)ら。

 東京公演は渋谷・東急シアターオーブで来年3月27日~4月26日、大阪公演は梅田芸術劇場で同5月8日~27日。

(紙面から)