2013.11.13 12:50(1/2ページ)

「リーガルハイ」7話ゲストに伊東四朗 「堺ただ者じゃない」

 主演の堺雅人(40)の母校である早大でのトークイベントが盛り上がったばかりの「リーガルハイ」(水曜後10・0、フジテレビ系)だが、20日放送の第7話のゲストにベテラン俳優、伊東四朗(76)が登場することが13日、分かった。

 ドラマは古美門研介(堺雅人)、黛真知子(新垣結衣)、羽生晴樹(岡田将生)の関係性に加え、安藤貴和(小雪)の裁判の行方など、今後もますます気になるところだ。

 伊東が演じるのは、世界的なアニメ監督の宇都宮仁平。大ヒットのファンタジーアニメで、邦画の観客動員記録を更新したが、そんな作風とは大きく異なり、制作スタッフたちが不眠不休で働き、過労で倒れてしまう者もいるほど劣悪な環境で生み出されたものだった。

 ある日、作画スタッフとして働いてきた穂積孝(近藤公園)が、宇都宮から罵声を浴び、発狂。宇都宮の首をしめ失踪してしまう。2カ月後に発見されたものの、自宅療養となり、治療費と慰謝料の請求、ならびに宇都宮からの謝罪を要求、裁判が開かれる。宇都宮にとって不利な証言が出るなか、古美門がどのように劣勢を立て直し、宇都宮の勝利のために戦うのか。

【続きを読む】