2013.11.12 05:05(3/3ページ)

ポール、3万6000人と39曲大合唱!「ライブが大好き」

 そして、後半戦はビートルズのヒット曲のオンパレード。本編最後の「ヘイ・ジュード」では、場内全員でお約束の大合唱となった。その後もアンコール、ダブルアンコールとたたみかけ、71歳とは思えぬエネルギーで全39曲、約2時間半のライブを完走した。

 年齢的にこれが最後の来日公演とうわさされているが、ポールは関係者に「ライブが大好き。限界も感じない」と話し、ステージに立つ意欲を持ち続けているという。それを証明するかのようなパワーを見せつけた日本公演初日だった。

★6公演で26万人動員予定

 ポールの日本公演は1966年のビートルズの日本武道館公演が最初で、その後はソロで90年、93年、2002年に行っている。今回は大阪、福岡、東京の3ドーム球場で計6公演を行い、26万人以上を動員する予定だ。

★相撲観戦に意欲

 今回の日本ツアーには一昨年に再々婚した夫人のナンシーさん(52)も同行。相撲ファンのポールは「観光やショッピングも楽しみたい」と話しており、福岡公演の前後で九州場所観戦が実現するかも。今月20日に誕生日を迎える妻へのプレゼントにも注目が集まりそうだ。また、最新アルバム「NEW」は、ビートルズの名プロデューサー、ジョージ・マーティン(87)の息子のジャイルズ・マーティン(44)らを迎えて制作された。日本でもオリコン初登場2位、10万枚と大ヒット中。今公演でもアルバムから4曲が披露された。

(紙面から)