キンプリ永瀬廉、アイドルの頂へ「レースのように先輩たちを追い抜きたい」

ヒューマン

 今、ジャニーズで最も勢いがあるグループ、King&Princeの人気メンバー、永瀬廉(21)。公開中の主演映画「弱虫ペダル」(三木康一郎監督)では自転車競技部で青春を謳歌する高校生を演じており、その姿は2018年5月のCDデビューから全力で駆け抜けてきた自身と重なる。映画に登場する自転車レースにキンプリをなぞらえ、「みんなで先頭をローテーションして走りたい」とメンバー一丸となってトップになることを誓った。(渡邉尚伸)

 女性ファッション誌「ViVi」の「国宝級イケメンランキング 2020年上半期」で1位に輝いた永瀬。撮影時にファンの間で「横顔がいい」と話題になっていることを伝えると、「賞で1位を獲れたのはうれしいですけど、照れますね」とはにかみながら、さりげなく横を向いてサービスしてくれた。

 公開中の主演映画「弱虫ペダル」は、アニメオタクで内気な主人公が高校入学後に自転車競技部に入り、仲間たちとインターハイ予選に挑む物語。永瀬はおかっぱ頭にメガネ姿で原作漫画のキャラクターを再現した。

 自転車レースで横から撮られる場面が多いが、「『横から撮って』とか言わない。偶然です(笑)」と慌てて否定。ママチャリで千葉から東京・秋葉原に通う主人公にちなみ、先月のイベントではママチャリに乗って登場し、「めっちゃシュールでしたよね。すげー恥ずかしかった」と頬を赤くした。

 シャイな主人公を演じ、「僕も目を見て話ができなくて人見知りするタイプ」と告白。記者が「今日はしゃべってください」とお願いすると、「もちろんです! きょうはもう全然、お願いします!」と腰の低さと国宝級スマイルで安心させてくれた。

 東京都出身だが、幼稚園の年長から小学2年と同6年から高校1年まで大阪で育った。12歳だった2011年に母親が本人に内緒でジャニーズ事務所に履歴書を送り、入所。「もともと芸能界に憧れはなかった。もう嫌でしたもん」と振り返ったが、キンプリの平野紫耀(23)らと関西Jr.で活動した後、18年5月にKing&Princeとして「シンデレラガール」で華々しくCDデビューした。

 個人でも昨年5月公開の「うちの執事が言うことには」で映画初主演。同9月にはフジテレビ系「FLY! BOYS, FLY! 僕たち、CAはじめました」でドラマ初主演を果たした。

 デビューから2年3カ月、「仕事ばっかりして突っ走ってきたから、あっという間でした」と回想。「だから3年目、5年目も『あっという間』と言えるのが目標」と夢中で頑張ることは変わらない。

 ジャニーズでは嵐が来年から活動休止し、TOKIOは同4月から“独立”。事務所内でキンプリにかかる期待は大きいが、「SixTONESのCDがめっちゃ売れて『やべーな』とは思うけど(笑)、俺らは俺ら。頑張った結果、応援してくれる方が増えたらいい。メンバーとご飯に行っても仕事の話はあまりせず、韓国のりを頼みまくったりしてずっとふざけてます」とユーモアをまじえながら“自然体”をアピール。

 それでも、「デビューさせてもろたからにはどのグループよりも、という気持ちはある」とキッパリ。キンプリメンバーの平均年齢22・3歳は同事務所のデビュー組最年少で「自転車レースのように先輩たちを追い抜きたい」と意気込んでいる。

 俳優業については「個人の仕事では一番大きい。『うちの執事』で悔しい思いをしたけど、自分じゃない誰かを演じる楽しさを見つけた。良いターニングポイントでしたね」としみじみ。

 同世代との共演も多く、「僕は負けず嫌いなので(共演した伊藤)健太郎くんや(橋本)環奈ちゃん、(北村)匠海くんや(黒島)結菜は言うたらみんなライバル。経験豊富で焦りますけど、俺ももっと頑張らな!という気持ちになる」と力に変えている。

 自転車レースでは空気抵抗を避けるためにチームが縦一列になり、先頭を入れ替えながらゴールを目指す。隊列をキンプリに置き換えると、「先頭は今で言うと紫耀じゃないですか。いろんなところで活躍しているし。でも、やっぱり、風よけになってくれる岸(優太)さんかな。リーダーとしているだけで場が和むし、安心してついていける」と信頼を寄せる。自身の立ち位置については「後ろの方で楽させてもらっています」とおどけつつ、「今は主演作が公開されているので先頭を走りたい」と言い切る。

 キンプリはデビュー年から2年連続でNHK紅白歌合戦に出場。「グループとしての名前はある程度広まったと思いますけど、個人名も覚えてもらいたい。個々の活躍がさらにキンプリを広めてくれる」と宣言。「紫耀もライバルだし、メンバーのことは意識します。みんなで先頭をローテーションして走りたい」と切磋琢磨しながらトップを目指して全力でペダルをこぎ続ける。

★曲に自信

 キンプリは9月5日から11月18日まで9都市39公演を予定していた全国ツアーがコロナ禍で中止され、オンライン配信となったが、「セットリストや演出はメンバーで話し合っています」と前向きに準備中。「それぞれのプロデュース曲もあり、ファンの方は喜んでくれると思う。僕のソロ曲は格好いい系ですね」と胸を張った。また、ステイホーム期間中については「趣味を増やそうと料理したり、ヨガマットを買って筋トレしたけどダメ。いつも通り掃除をして、ゲームをしていました」と笑わせた。

★メンバーで“鑑賞会”「超恥ずかしい」苦笑

 7月下旬の取材日から数日後にキンプリメンバーで「弱虫ペダル」を鑑賞することを知った永瀬は「マジかーー!一緒に見るの苦手なんですよ…。超恥ずかしい。感想はメールでいいって感じです」と苦笑い。ジャニーズで仲の良いメンバーについては「関ジャニ∞の大倉(忠義)くん、キスマイの玉さん(玉森裕太)、WESTの(藤井)流星くんや小瀧(望)くんですかね。仕事やプライベートの話もします。先輩といるときは、お酒が強くなります」とかわいがられているようだ。

※サンケイスポーツの22日紙面ではオリジナル写真を掲載しています。

永瀬 廉(ながせ・れん)

 1999(平成11)年1月23日生まれ、21歳。東京都出身。2011年4月にジャニーズ事務所入り。15年6月に結成されたMr.King vs Mr.Princeのメンバーになり、18年5月にKing&Princeとして「シンデレラガール」でCDデビュー。個人では文化放送「King & Prince 永瀬廉のRadio GARDEN」でパーソナリティーを務めている。174センチ。