東出昌大が9月に離婚後初舞台「MISHIMA~」で「憂国」に挑む

 
舞台「MISHIMA2020」の「憂国」に出演する左から東出昌大、菅原小春

 俳優、東出昌大(32)が9月21日に東京・日生劇場で開幕する舞台「MISHIMA2020」に出演することが20日、分かった。

 8月1日に女優、杏(34)との離婚を発表後、初舞台となる同作は、作家、三島由紀夫の没後50周年企画。

 三島が今の日本を見たら何を思うだろう?という疑問をテーマに、三島文学に刺激を受けた4人の演出家が、2020年という時代にそれぞれの視点で“新釈MISHIMA”を表現した4作品をオムニバス形式で上演する。

 今年3月公開のドキュメンタリー映画「三島由紀夫vs(ヴァーサス)東大全共闘50年目の真実」のナビゲーターを務めるほど三島作品をこよなく愛する東出は、映画監督、長久允氏が演出する「憂国」「(死なない)憂国」に主演。

 世界的ダンサーで、昨年の大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」の人見絹江役で演技に初挑戦し、注目を集めた菅原小春(28)と夫婦を演じる。

 仲間から決起に誘われなかった中尉が、叛乱軍とされた彼らを討伐せねばならなくなった立場に懊悩し、妻とともに心中する三島作品の「憂国」を2020年に置き換えた新たな設定で描く。コロナ禍でライブハウス消滅の危機に瀕した東出と菅原扮する夫婦が、三島の「憂国」のインフルエンサーとして大胆なメッセージを放つ内容だ。

 離婚を経て心機一転、俳優業にまい進する東出の渾身演技は必見だ。

 「MISHIMA2020」は、「憂国」のほか、中村ゆり、平原テツ出演、加藤拓也作・演出の「真夏の死(summer remind)」、麻実れい、中村蒼出演、熊林弘高演出の「班女 近代能楽集より」、伊原六花、井桁弘恵、野口かおる、高橋努出演、野上絹代作・演出の「橋づくし」で構成。9月21、22日に「橋づくし」「憂国」(各3公演)、同26、27日に「真夏の死」「班女」(各3公演)が上演される。