NHK大河延期も、沢尻容疑者の代役立て撮り直し 制作側がキャストに謝罪

 
沢尻エリカ容疑者

 沢尻エリカ容疑者(33)が出演予定だった来年1月5日スタートのNHK大河ドラマ「麒麟がくる」(日曜後8・0)は、代役を立てて撮り直すことが17日、分かった。この日、制作側が出演者側に事情を説明して謝罪。ただ、同容疑者が演じた織田信長の正妻・濃姫役は主要キャストであることに加え、10話まで収録済みとあって今から取りかかるには時間が足りず、最悪、放送を延期する可能性がある。

 沢尻容疑者の逮捕を受け、NHKが苦渋の決断を下した。

 複数の関係者によると、来年の大河ドラマ「麒麟がくる」は、代役を立てて撮り直す方向で調整中。この日、制作側がキャストにその旨を連絡し、謝罪した。

 大河には推定30億円もの制作費が掛かっており、番組関係者は「楽しみにしている人も多い国民的ドラマ。今さら中止にはできない」と話す。

 大河をめぐっては、放送中の「いだてん~東京オリムピック噺~」に出演していたピエール瀧(52)が3月に麻薬取締法違反で逮捕され、代役を立てて撮り直した。今回も同様の措置を取ることになるが、沢尻容疑者が演じた役は、主人公・明智光秀の主君である斎藤道三の娘で後に織田信長の正妻になる帰蝶(濃姫)で主要キャストの一人。来年1月5日の初回から登場予定だったことに加え、すでに10話まで収録済みとあって、相当な量の撮り直しが必要になるとみられる。

 さらに出演者も売れっ子ばかりだけに、スケジュールの調整もままならない。バラしたセットも建て直す必要があり、初回放送まで2カ月を切った今、「最悪、放送を延期する可能性もある」と関係者は頭を抱える。

 代役について、別の関係者は「放送まで時間がないので、まず時代劇経験が豊富で、所作などが身についていることが必須条件。また濃姫役にふさわしく、りんとした雰囲気を持ちつつ奥ゆかしさのある人。乗馬もできる人でないといけない」と選考を急いでいる。

 同局では週明けの18日から、本格的な協議に入る予定だ。

 一方、WOWOWシネマでは同容疑者の出演映画「食べる女」を19日午後1時15分から放送予定だが、担当者は予定通り放送するかについて「未定です」と説明した。