山崎賢人『キングダム』続編熱望!長澤まさみ「緊迫感との闘いでした」

 
登壇時に橋本環奈(左)と抱き合う長澤まさみ

 俳優、山崎賢人(24)が19日、東京・TOHOシネマズ日比谷で行われた主演映画「キングダム」(佐藤信介監督)の初日舞台あいさつに共演の吉沢亮(25)、長澤まさみ(31)ら豪華共演陣と出席した。

 同名人気漫画の実写化。中国・春秋戦国時代を舞台に戦災孤児の少年・信の活躍を壮大なスケールで描く。

 昨年4月に中国で20日間にわたり、約1万人のエキストラが参加する大規模ロケを敢行。山崎は「込めるものは作品に込めました。あとは皆さんが作品を育ててほしい」と充実感たっぷり。「大将軍になるまで(役を)やり続けたい」と早くも続編を願った。

 信の幼なじみで親友の漂と後の始皇帝・贏政(えいせい)の2役を演じた吉沢は山崎と4度目の共演で、「今回は山崎賢人という俳優の本気を間近で見せつけられた」と刺激を受けた様子。美しき山界の王・楊端和(ようたんわ)役の長澤は劇中で華麗なアクションを披露し、「撮影はいつもケガと隣り合わせで、緊迫感との闘いでした」と振り返った。

 ほかに橋本環奈(20)、本郷奏多(28)、大沢たかお(51)が登壇した。