雨でぬれたグラウンドにガソリンまき着火「お粗末」

 

 高校野球の試合を予定していた米コネティカット州のグラウンド。前夜の雨でぬれた地面を乾かそうと関係者が約90リットルのガソリンをまき着火、地面は炎に包まれた。けが人はなかったが、試合どころではなくなった。米メディアが伝えた。

 土の入れ替えに見込まれる費用は約5万ドル(約560万円)。「お粗末な判断」だったと地元自治体。(共同)