爆風スランプ元メンバー、交通事故で現在も意識不明…ファンキー末吉が「募金」開設

 
ファンキー末吉

 ロックバンド、爆風スランプの元メンバー、ベーシストの江川ほーじん(57)が昨年12月上旬に交通事故に遭い、現在も意識が戻らない状態であることが分かった。爆風スランプのドラマー、ファンキー末吉(59)が8日、ブログで伝えた。

 末吉は「江川ほーじんが、2018年12月上旬に交通事故に遭いました。懸命の治療を続け、少しずつ回復の兆しは有るものの現在も意識は戻っていません」とブログで報告。末吉ら3人を発起人とする「江川ほーじん募金」を立ち上げたといい、開設の理由について「募金を集めてご家族にお渡しし、少しでも役立てて頂きたいという気持ちと共に、より良い治療環境により一日も早い復帰をと願う気持ちを込めて」と説明した。

 今後は、末吉ら発起人が「連絡委員会」として募金の状況や病状の報告などをしていくといい「心配でしょうが、ここは本人の『生命力』を信じて一緒に良い知らせを待ちましょう!」と仲間の回復を信じた。

 江川の公式サイトにも「江川ほーじん募金連絡委員会よりお知らせ」として同じ内容が掲載されている。また同サイトでは昨年12月28日、スタッフ名義で「お知らせ」を掲載。「ご報告が遅れましたが、本人急病によりしばらくの間治療に専念させて頂く事となりました。 ファンの皆さま、関係者の皆さまにご心配ご迷惑をおかけします事、深くお詫び申し上げます」と伝えられていた。