大沢樹生“長男”逮捕、20代女性に暴行 米で生活も1年前に帰国

 
元光GENJIの大沢樹生

 元光GENJIの俳優、大沢樹生(49)と元妻で元女優、喜多嶋舞さん(46)の長男として生まれ、その後、大沢の実子でないことが裁判で確定した職業不詳、大沢零次容疑者(22)が傷害容疑で逮捕されていたことが30日までに分かった。

 捜査関係者によると、逮捕容疑は25日に東京・世田谷区内で20代女性に暴行し、けがを負わせた疑い。29日に逮捕された。一部報道では被害者は複数回暴行され、首を絞められたこともあったという。女性とは同棲しているとの情報もある。また、サンケイスポーツの調べでは、昨年5月にも元交際相手の女性に平手打ちなど暴行して逮捕されていた。

 同容疑者は、大沢と喜多嶋さんの結婚翌年の1997年に2人の長男として誕生するも、2005年に2人が離婚。13年、大沢がDNA鑑定をしたところ長男が実子でないことが明らかに。

 当時、喜多嶋さんは「父親は大沢さん」と反論したが、15年に東京家裁が親子関係はないとの判決を下した。その後、親権は喜多嶋さんの両親である音楽プロデューサーの喜多嶋修氏(69)、元女優、内藤洋子さん(68)が持ち、同容疑者は祖父母がいる米国で生活していたが、約1年前に帰国していたという。

 大沢の所属事務所によると、零次容疑者とは会っていないといい、「愛情を持って育ててきたので心配はしているとは思いますが、お相手もいらっしゃいますので、現状、コメントできる状況ではございません」と説明。元妻の喜多嶋さんからも連絡はないという。