京本政樹、「必殺シリーズ」と米映画「イコライザー2」の類似点を解説

 
仕事人のキメポーズ対決で盛り上げた梅沢富美男(左)と京本政樹

 俳優、京本政樹(59)が19日、東京都内で行われた米映画「イコライザー2」(10月5日公開)の特別試写会イベントに出席した。

 19秒で悪を完全抹消する仕事請負人の活躍を描いたアクション。「19」にかけてこの日の開催が決まった。テレビ時代劇「必殺シリーズ」で組紐屋の竜を演じた京本は「前作も見て、あれ、これって必殺仕事人をハリウッドがパクったのかとビックリしました。まさか吊るすのはないだろうと思ったらホームセンターで吊られているのを見て、(必殺シリーズを)研究しているのかなと思った」と類似点を解説。その一方で「本当は吊れない。(組紐を)投げることもできません」と当時の撮影を振り返って苦笑い。

 途中で同シリーズにゲスト出演したことのある俳優、梅沢富美男(67)が登壇し、当時の撮影について「オレの武器は扇子だよ。踊りながら」と苦労話を明かした。

 その後、仕事人としてのキメポーズ対決を繰り広げたが、19秒にちなんで19時(午後7時)ちょうどの試写会スタートを目指すスタッフがハラハラするほど京本のトークが絶好調。梅沢が「しゃべりすぎだって」と何度もダメ出しすると、京本は「しゃべり過ぎた自分を抹消したい」と笑わせた。

Read more