EXILE・ATSUSHIが歌った!アオザイ姿で日本とベトナムつなぐ「道しるべ」

 
日本、ベトナム両国の国際交流にひと役買った左から千葉涼平、橘慶太、緒方龍一、ドン・ニー、伍代夏子、杉良太郎、ATSUSHI、チョン・ヒエウ、ピコ太郎=ハノイ市

 【ハノイ(ベトナム)9日深夜=山内倫貴】外務省の日本ベトナム特別大使を務める歌手で俳優、杉良太郎(74)が両国の外交関係樹立45周年記念事業「日越友好音楽祭」を開催した。両国の豪華アーティスト13組が集結し、日本からはEXILEのATSUSHI(38)ら杉の呼びかけに賛同した5組が出演。杉は妻で歌手、伍代夏子(56)とのデュエットを披露し、「歌声に乗せて平和のメッセージを伝えたい」と力を込めた。

 この日の最高気温は30度で湿度70%。深夜でも多くの市民が屋台に繰り出す熱気あふれるハノイに平和の歌声が響いた。

 会場はハノイ駅に近い同市最大規模の多目的ホール・越露文化宮。「日越友好音楽祭」をプロデュースした杉が通訳を介し「歌声に乗せて平和のメッセージを伝えたい」とあいさつすると、約3000人から温かい拍手がわき起こった。

 ステージでは伍代とのデュエット曲「angel~天使を見つけた~」を披露。杉が長年にわたり支援する同市のグエン・ディン・チュウ盲学校の生徒に人気であることから選曲した。

 心が傷ついても前向きに生きる大切さを歌っており、サビの高音では伍代の♪信じましょう-に続き、杉が♪愛しましょう-と熱唱。ATSUSHIは民族衣装のアオザイ姿で自身が作詞作曲の「道しるべ」を披露して友好ムードを演出した。

 杉とベトナムの関係は1989年、杉がベトナム戦争の兵士遺族のために同国でチャリティー公演を開催したのがきっかけでスタート。ベトナム国民には「信義に厚い」と感謝し、「両国が助け合う姿を見せることで世界に平和の尊さをアピールできる」と指摘する。

 同国では過去にも両国歌手が参加した音楽祭を多数プロデュース。2008年には外交関係樹立35周年の記念公演、11年は東日本大震災の復興支援に尽力した同国に謝意を示すための音楽祭を開催して話題となった。

 「文化の力を信じて平和を実現させたい」と誓う杉。10月4日には東京・渋谷のNHKホールで日本と東南アジア諸国連合(ASEAN)の友好協力開始45周年記念事業「第2回 日・ASEAN音楽祭」をプロデュースし、日本の関ジャニ∞に加え、加盟10カ国の人気歌手ら計16組を招く。

 来年はベトナムとの交流を始めて30年目を迎えるが、「一度や二度の文化交流では平和の願いは伝わらないので、これからもしつこく続けたい」と決意を新たにした。

Read more