堂本光一と井上芳雄、ミュージカル界の2大スター初共演作「ナイツ・テイル-騎士物語-」/週末エンタメ

 

 今月29日まで東京・帝国劇場で上演されるミュージカル「ナイツ・テイル-騎士物語-」。KinKi Kidsの堂本光一(39)と井上芳雄(39)が初共演する話題作だ。

 同作は、シェークスピアの「二人の貴公子」を原作に、「レ・ミゼラブル」を手掛けた世界的カナダ人演出家のジョン・ケアード氏(69)が脚本・演出を担当。いとこで親友の2人の貴公子が、1人の王女を愛したことで敵対していくダンスミュージカルだ。

 なんといっても、一番の注目は光一と井上の共演。2000年に初演し、上演1600回以上の「Endless SHOCK」に主演する光一と、00年に「エリザベート」のルドルフ役でデビュー以降、ミュージカル界を牽引してきた井上。同じ1979年生まれで尊敬し合う2人の息はピッタリ。共演の音月桂(38)が「稽古中、焼き餅を焼くくらいラブラブ」と表現するほどだ。

 ステージ上での歌やダンス、殺陣は見応え十分。光一は「芳雄くんの舞台の存在感はすばらしい。2人だとしんどいことは2分割、喜びは2倍。すごく心地いい」と笑顔。井上も「スターってこういうことなんだなと。中身がともなっている。隣で見ていて勉強になる」と全幅の信頼を寄せる。

 物語が進むにつれ、「この男2人はとんでもない勘違い野郎だ。笑っていいんだ」という空気が場内に満ちていくのもおもしろい。将来、日本のミュージカル界を代表する舞台になりうる作品だ。

Read more