記憶が1日で消えるヒロインへの一途な愛の姿が忘れられない「50回目のファーストキス」/週末エンタメ

 
11年ぶりの共演でも息の合った演技を見せた山田(左)と長澤 (C)2018『50回目のファーストキス』製作委員会

 恋人とのファーストキスは一度だけの大切な思い出。その記憶が1日で消えてしまうとしたら-。

 1日に公開された俳優、山田孝之(34)と女優、長澤まさみ(31)のW主演映画「50回目のファーストキス」は、切ない現実の中で葛藤しながら愛を育む男女の姿を描いたラブコメディーだ。

 ハワイでツアーガイドとして働くプレイボーイの大輔(山田)は、交通事故の後遺症により記憶が1日で消えてしまう瑠衣(長澤)に出会い、恋をする。2人は翌日に再会するが、瑠衣は大輔のことを全く覚えていない。事情を知った大輔はいちずに愛を告白し続け、“ファーストキス”を繰り返した2人はやがて結ばれる。瑠衣は、大輔が天文学者になる夢を抱いていることを知り、ある行動に出るが-。

 原作は2004年に米国で公開された映画「50回目のファースト・キス」。テレビ東京系ドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズ(11、12、16年)や映画「銀魂」(17年)などでコメディー街道をひた走ってきた福田雄一監督(49)がリメークし、ラブストーリーに初挑戦。同監督が「初めて撮影中にモニターを見て泣いたし、編集してまた泣いた」と語る自信作だ。

 瑠衣にとっては毎日が大輔との初対面。それでもめげずに愛を伝え続ける大輔の姿は心を打つ。今作のカップルは記憶を補っているが、どんな恋人間にも足りない部分はあるもの。そこをどうカバーするかが、幸せの秘訣(ひけつ)だと教わった気がする。

 W主演の脇を固める名脇役も存在感抜群。「勇者-」や「銀魂」などで“福田組”としておなじみの俳優、ムロツヨシ(42)は大輔の親友、佐藤二朗(49)は瑠衣の父親役として、クスッと笑える演技が作品のスパイスに。記憶を失う瑠衣を傷つけまいとする父親の愛にはほっこりする。

 ちなみにキスシーンを数えても50回には満たない。それでもハワイの開放的かつ幻想的な風景のもと、さまざまなシチュエーションで撮影された美しいキスシーンは必見。笑いでファンを泣かせてきた「福田作品」が、今作は愛で泣かせる。(渡邉尚伸)

Read more