元AKB・宮澤佐江、芸能活動を一時休止「自分自身を見つめ直したい」

 
宮澤佐江

 元AKB48の女優、宮澤佐江(27)が24日、7月末をもって芸能活動を一時休止し、所属事務所、フレイヴエンターテインメントとの契約も終了することを事務所の公式サイトで発表した。「自分自身を見つめ直したい」と説明。休止期間は未定だが、関係者によると、引退はしない。7月29日に東京・有楽町朝日ホールで行うイベントを最後に、充電期間に入る。

 AKB48グループの元気印だった宮澤が、芸能界から一旦離れる。

 この日、所属事務所の公式サイトで、「約12年間走り続けて参りましたが、一度足を止めて自分自身を見つめ直したい」と7月末をもっての活動休止を発表。休止に伴って事務所とのマネジメント契約終了も報告した。

 関係者によると、本人から最近、「充電期間を取りたい」と事務所に申し出があったという。結婚や体調不良、留学が理由ではなく、引退はしない。休止期間は未定。前日23日にはインスタグラムに、「心機一転」と髪の毛をバッサリ切ったショートヘアの画像を投稿していた。

 宮澤は岸谷五朗(53)と寺脇康文(56)の演劇ユニット、地球ゴージャスのプロデュース公演「ZEROTOPIA」に7月15日まで出演。同29日に東京・有楽町朝日ホールで行うファンクラブイベントを最後に、充電期間に入る。

 2006年、AKBに加入。持ち前の明るさを武器に人気メンバーの1人となり、SNH48やSKE48のメンバーでも活動した。12年には、サンケイスポーツで競馬予想コラム「宮澤佐江のなまうまAKB」を1年間担当。有馬記念や秋華賞などを的中させた。13年の日本ダービーでも予想し、馬連の馬券を見事当てた。

 16年4月にAKBグループを卒業。その後は女優として舞台を中心に活躍。昨年11月には本紙の取材に「お芝居ができる人だと認知してもらえるように、頑張りたい」と役者業に意欲をみせていたが、突然の休止発表となった。

宮澤 佐江(みやざわ・さえ)

 1990(平成2)年8月13日生まれ、27歳。東京都出身。2006年に「第2期AKB48追加メンバーオーディション」に合格。12年に中国・上海のSNH48へ移籍し、14年に名古屋のSKE48との兼任に。選抜総選挙は09年14位、10年9位、11年11位、12年11位、13年10位、14年12位、15年8位。16年にAKBグループを卒業し、女優に転身。1メートル64。

Read more