高橋真麻、有賀さんの苦労話を語る「今まで味方だった人がみんな掌を返す感じ」

 
高橋真麻

 フリーアナウンサーの高橋真麻(36)が6日、フジテレビ系情報番組「バイキング」(月~金曜前11・55)に生出演。先月30日に病気のため東京都内の病院で急死した元フジテレビアナウンサーでタレントの有賀さつきさん(享年52)を悼んだ。

 2007年にロケで長期間、有賀さんと行動をともにした真麻は、「フリーになったときは今まで味方だった人がみんな掌を返す感じですごい大変だったとか、おつらい経験をされた話とか、いまはシングルマザーで頑張っているから、一生懸命働かないなきゃいけないんだとか、ざっくばらんに何でも話してくださった」と振り返った。また「女子アナがフリーアナになるパイオニアだった」と尊敬のまなざしを向けた。

 有賀さんは1988年にフジ入社。同期アナの八木亜希子(現フリー、52)、大相撲・貴乃花親方(45)の夫人となった花田(旧姓・河野)景子さん(53)とともに「花の三人娘」と言われ、主にバラエティーで活躍。入社5年目に退社してフリーとなった。

 その後、2002年に元上司だったフジテレビ解説委員、和田圭氏(65)と結婚したが、06年に離婚した。4日未明には、日本テレビ系通販番組「日テレポシュレ」で、昨年7月収録の映像が流れたばかりだった。

Read more