キムタクと“初共演”!新井恵理那アナ、連ドラ初レギュラー挑戦

 
真剣な表情でニュースを読む劇中の新井。本職らしいリアルな演技でドラマに花を添える

 テレビ朝日系「グッド!モーニング」(月~金曜前4・55)などに出演するフリーアナウンサー、新井恵理那(28)が、同局系「BG~身辺警護人~」(18日スタート、木曜後9・0)で連ドラ初レギュラーに挑戦することが13日、分かった。元SMAPの木村拓哉(45)扮する主人公が劇中で見るニュース番組のアナウンサー役で登場。本職をいかして熱演する新井は「身の引き締まる思い!」と気合十分だ。

 えくぼがチャームポイントの美人フリーアナが、キムタクの主演作に花を添える。

 新井は米国生まれの帰国子女で、「グッド!モーニング」のエンタメキャスター、TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」(土曜後10・0)のお天気キャスターを務める才媛。これまでドラマにゲスト出演したことはあるが、連ドラレギュラーは初となる。

 「BG」は脚本家、井上由美子氏が手掛けるオリジナル作品で、木村が丸腰で依頼人を守るボディーガード役に初挑戦する話題作。新井は、主人公が毎日見ているニュース番組の新人女子アナ役で、中学生の息子(田中奏生、11)がファンという設定で登場する。

 作品にリアリティーを求める制作側は「本物のキャスターは説得力がある」と実際のアナウンサーからキャスティングすることに決め、新井を抜てき。「主人公の息子のあこがれという設定のため、実力と美貌を併せ持つ新井さんを起用しました。演技でありながら、本職だけにとても自然に役にハマっています」と絶賛した。

 新井は「-モーニング」で、過去に番宣でゲスト出演した木村と対面しているが、出演作品に関わるのは初めて。キムタクとの直接共演はないが、劇中ではテレビ画面の女子アナとして主人公の親子を癒やす存在となる。

 今回の役作りとして、普段より髪の色を暗めにして新人女子アナのフレッシュさを表現。新井は「お話をいただいたときは身の引き締まる思いでした」と恐縮しつつ、「改めてアナウンサー役を演じるという二重構造になかなか慣れないところもありますが、しっかり務めていきたい」と“アナウンサー魂”で熱演することを誓った。

物語

 かつて敏腕ボディーガードだった島崎(木村)は、ある出来事を機に工事現場の警備員となり、現在は中学生の息子と2人暮らし。だが、民間の警備会社に新設された身辺警護課に着任を打診され、復帰を決意。過去を隠して、他のメンバーと同じく新人ボディーガードとなる。共演は、江口洋介(50)、斎藤工(36)、菜々緒(29)、間宮祥太朗(24)、石田ゆり子(48)、上川隆也(52)。

新井恵理那(あらい・えりな)

 1989(平成元)年12月22日生まれ、28歳。米カリフォルニア州生まれ。青学大総合文化政策学部卒。同大2年だった2009年にミス青学大グランプリを獲得し、フリーアナウンサーに。出演番組はテレビ東京系「世界ナゼそこに?日本人~知られざる波乱万丈伝~」(月曜後9・0)など。趣味はゴルフ。ジュニア野菜ソムリエの資格を持つ。

Read more