リベンジ成人式!「はれのひ」被害者にキンコン・西野がビッグなサプライズ

 
西野は被害者たちにスペシャル成人式を開くことを明らかにした

 横浜市の振り袖販売・レンタル業「はれのひ」が突然休業し、成人式に晴れ着を着られない新成人が続出した問題で、お笑いコンビ、キングコングの西野亮廣(37)が12日、被害にあった新成人らに“成人式”をプレゼントすることを明らかにした。2月4日に同市内で開催し、振り袖のレンタル、着付けやヘアメーク、写真撮影を無償提供する。西野は「楽しい成人式を取り戻しましょう」と呼びかけている。

 晴れの日を迎えられなかった新成人に、男・西野がビッグなサプライズを用意した。

 西野はこの日、ブログで、“はれのひ被害者”らに向けた救済措置を行うと発表。成人式に心残りがある新成人150人を対象(募集は終了)に、2月4日午前11時から横浜市中区の横浜CIQプラザで式を行い、午後6時から大さん橋でクルージングディナーを出航させると明かした。

 “はれのひ問題”は、全国各地で成人式が行われた8日に勃発。11日までに横浜市などの自治体や警察に新成人から計560件超の被害が寄せられ、被害額は契約額ベースで約1億8400万円に上る。

 この異常事態に、「大人になる日に大人が裏切ってしまったことが恥ずかしい」と立ち上がったのが西野。知人がいる「京都きものレンタルwargo」も着付けとヘアメーク、振り袖のレンタルを無償提供するサービスを行うことを知り、プロのカメラマンが撮影するフォトサービス、西野らが考案したクルージングディナーを付けた“スペシャル成人式”の開催を決めた。

 「京都きもの-」が今回提供するサービスは通常5~10万円かかるコースだが、“はれのひ被害者”には、契約していたものと同等のサービスを提供すると説明。すでに募集は締め切ったが、被害者に限ってはできるだけ対応するとした。

 多額な費用がかかるが、西野は、昨年から自身が取り組んでいる「レターポット」を活用すると告白。困っている人を助けたいユーザーが運営側(西野)から文字を買い、手紙の形で思いとお金を贈るシステムで「(新成人に向けた)応援レターを僕のポットに贈っていただけると嬉しいです。今回はその売り上げから必要経費を全額出す」とした。

 当日は、有志のスタッフら250人で対応。大きな反響を呼びそうだ。

★ユーミンの実家は当日救済

 「はれのひ」問題をめぐっては、シンガー・ソングライター、松任谷由実(63)の実家として知られる東京・八王子の「荒井呉服店」が成人式当日、被害者の救済に乗り出して話題に。

★小池都知事も“賛同”

 東京都の小池百合子知事(65)は12日、新宿区の都庁で行った定例記者会見で「もう一回、成人式をやるという動きが出ているが、よいことではないか」と賛同。「都として何ができるのか、改めて精査していく」と話した。

Read more