宝塚音楽学校で合格発表! 26・1倍難関突破の40人決まる

 
宝塚音楽学校第105期生合格発表 在校生と喜びを分かち合う合格者ら=兵庫県宝塚市(撮影・永田直也)

 タカラジェンヌを養成する兵庫県宝塚市の宝塚音楽学校(伊木常雄校長)で30日、入学試験の合格者が発表された。同校によると、今年は1042人が受験。26・1倍の難関を突破し、105期生の40人が決まった。合格者には、元プロテニス選手の松岡修造の長女恵さんもいる。

 午前10時、二つ折りの掲示板に結び付けられた赤いリボンを在校生がほどき、合格者の受験番号が見えると、待っていた受験生からは「あった」「やった」と歓声が上がった。

 合格した名古屋市の坂井ゆりこさん(16)は「小学2年のときに初めて宝塚の舞台を見て圧倒されてから、ずっと目指していた。美しさあふれるタカラジェンヌになりたい」と喜びを語った。

 合格者は4月18日に入学式を迎え、未来のスターへの2年にわたる厳しいトレーニングがスタートする。

Read more