2021.5.5 12:02(1/3ページ)

人気急上昇、クログチ! 引きの強さと美味しさ味わえる/関西フィッシング

人気急上昇、クログチ! 引きの強さと美味しさ味わえる/関西フィッシング

特集:
関西フィッシング
60センチと良型のクログチを釣り上げた浜口さん。このサイズになると引きもかなり強い

60センチと良型のクログチを釣り上げた浜口さん。このサイズになると引きもかなり強い【拡大】

その他の写真(1/5枚)

 最近、大阪湾で新しいターゲットして「クログチ」が注目されている。ちょっと聞き慣れない魚だが、ムチャ美味しいとの噂を聞きつけ、釣り担当の澄田垂穂記者が、和歌山・加太の三邦丸(三尾浩司船長)から初めて釣行。ブームとなりつつある理由を探ってみた。

 何や、この“クログチ”って? 大阪湾で釣果があがっている中に聞き慣れない魚があり、どうしても気になった。調べてみると、とてもおいしい魚とのこと。最近、このクログチを狙う船も増えているという。

 以前から釣れていたが、タチウオやガシラの“外道”だったとか。ところが引きの強さと、なんと言ってもおいしいところからここ数年、人気が急上昇。今回訪れた和歌山・加太の三邦丸も昨年から「ディープ便」として、100メートル前後の深場でのクログチをメインターゲットにし始めた。

 午後便で午後1時に出船。最高気温22度と絶好の釣り日和の中、沖ノ島の南西端にあるコイヅキ沖のポイントに約20分で到着した。1・9メートルの船竿に、PE3号を300メートル巻いた電動リールをセット。オモリは指定の50号。胴突き仕掛けは三邦丸オリジナル胴つき2本バリ「ディープ五目」を使った。エサのアオイソメは1匹をチョン掛けで。

 根魚ではないが、底の方にいるという。最初は50~70メートルと比較的浅いところで、「底から5メートルぐらいをゆっくり探ってみて」と田上誠司船長。ガシラも狙いつつ徐々に深いところへ。開始から30分、水深70メートルのところで、グッグッと待望の初アタリ! 思っていたより引かないな、と思ったらガシラだった。

【続きを読む】