2021.5.4 12:00

ファミリー釣行にイチ押し!お手軽半日アジ 東京湾・鴨居沖

ファミリー釣行にイチ押し!お手軽半日アジ 東京湾・鴨居沖

  • 写真〔1〕
  • 写真〔2〕
  • 写真〔3〕
  • 写真〔4〕
  • 写真〔5〕
  • 写真〔6〕
  • 写真〔7〕
  • ビシアジ標準仕掛け図
  • 山口船長

 【朝比奈伸幸の“真”釣法】心地よい引きとおいしさで誰をも笑顔にする沖釣り界のスター! ファミリー釣行に絶好のシーズンを迎えてイチ押しなのが、お手軽な半日乗合で釣況も安定している神奈川県横須賀市・鴨居大室『五郎丸』のアジだ。当地のアジは幅広体型で脂乗りもよく大人気。今回は山口隆幸船長、同宿スタッフの座間純一さんと一緒に、お土産確保のキモを初心者向けにガイドする。

 ★大アジ交じりで好釣果

 釣り場は港から近い鴨居沖の水深40~50メートルで、半日船でも釣り時間は十分。当日は午前船が出足スローで3~31尾、午後船は終始ボツボツで11~42尾と好釣果。型は22~38センチで最初にタタキやフライに最高な中小アジ、その後に刺し身用の大アジを狙い、貸し竿の女性=写真〔1〕=やファミリー=同〔2〕=も大喜びだった。

 ★初めてなら貸し竿で

 タックルの概要は別図を参照。胴調子のビシアジ竿とPEライン3~4号を巻いた電動リールが一般的。横目ビシに詰めたコマセのイワシミンチ=同〔3〕=を、竿の操作でアジのタナ(泳層)にまき、餌を食わせる釣法。初心者はテンビンとビシまで一式の貸し竿セット=同〔4〕=が無難だ。

 仕掛けは中アジ用のハリス2号と大アジ用に3号を用意。配布される餌は「赤タン」で、ハリに1粒付ける=同〔5〕。「青イソメなども有効ですが、近況では赤タンが餌持ちがよく、手返しも早いです」と座間さん。

 ★貸し竿の楽チン釣法

 コマセはカゴに8分目まで詰め、仕掛け、ビシ&テンビンの順で投入。投入後はサミング(リールの糸巻き部分に指を当てる)で落下速度を抑える。タナ合わせが重要で、現在は海底から2~5メートル。道糸が斜めになっていたら底に着け直し、垂直に近い状態でタナを合わせる。指示ダナの1メートル下で竿を2回振ってコマセをまき、最後に指示ダナで同様にコマセをまいてアタリを待つ。同宿の貸し竿はハンドル1回転で巻き上げ50センチなので、タナが底から5メートルなら8回転プラス2回転となる。

 出船前に座間さんや船長からレクチャーがある=同〔6〕。ククンと明確なアタリと、痛快な引きもアジの魅力だ=同〔7〕。唇が弱くソフトな合わせと中速巻き上げで対処。大アジのポイントでは1尾ずつ慎重に玉網で取り込もう。

 ★こまめに入れ直す

 山口船長「安定した釣況が続いています。旬の夏に向けて一段とアジの脂乗りがよくなる時期。釣れていない時もチャンスを自分で作る気持ちで、こまめに仕掛けを入れ直すことが大切。簡単に楽しめますからぜひチャレンジしてください」

ガイド

〈船宿〉サンスポ推薦=鴨居大室『五郎丸』電話046・841・9256〈交通〉京浜急行・浦賀駅から、かもめ団地行きバスで終点下車。マイカーは横浜横須賀道路・浦賀ICから約5分〈乗合料金〉午前、午後船ともコマセと餌、氷1個付きで6000円。女性と中学生以下、学生証提示の高校生と大学生5000円。男女と親子(子供は中学生以下)ペア1万円。午前と午後の通しは9000円。午前7時20分と午後1時出船。第2、4、5金曜が定休。