2021.4.28 12:02(1/3ページ)

ウタセマダイ最高! 予想以上にテクニカルで奥深い/関西フィッシング

ウタセマダイ最高! 予想以上にテクニカルで奥深い/関西フィッシング

特集:
関西フィッシング
テクニカルなウタセ釣りでマダイを釣り上げた住田美緒さん。西国亮さん(右)は良型をゲット(撮影・親谷誠司)

テクニカルなウタセ釣りでマダイを釣り上げた住田美緒さん。西国亮さん(右)は良型をゲット(撮影・親谷誠司)【拡大】

その他の写真(1/4枚)

 伊勢湾の伝統釣法として知られるのが「ウタセマダイ釣り」だ。生きたウタセエビ(小型海エビの総称)をエサに、乗っ込みのマダイを狙う、まさに「エビでタイを釣る」釣り。今回は釣り女師コラムニストの住田美緒さんが、いよいよシーズンが始まった美味なマダイを求めて三重県鳥羽市石鏡の「幸徳丸」(寺本周介若船長)に乗船。ベテランの常連さんらにまじり、予想以上にテクニカルで奥深い、春の生きエビ釣りを満喫してきた。

 4月後半に入り、マダイの乗っ込みシーズンの今、産卵前の栄養たっぷりの身がとってもおいしくなる季節です。

 というわけで、今回は私自身2度目の挑戦となるウタセマダイ釣りでおなかパンパンのマダイが食べたい! と、鳥羽市石鏡町の幸徳丸さんに行ってきました。伊勢湾のマダイはエビを捕食しているので雑味がなくて甘いのです♪

 午前11時半集合の午後便で出船。抽選でこの日乗船する10人分の釣座を決めるクジを引くと、なんと1番!! 好きな場所を選んでいいとのことで左舷トモ(船尾)で釣ることにしました。

 出船から10分ほどすると、もうポイントに到着。石鏡はポイントが近くて楽チンです。この釣りの最大のポイントはエサの付け方。寺本船長から改めて説明を聞きます。生きたエビの頭の2本の角の間からハリの軸を差し込み、エビの口からハリ先を入れて、脳みそに刺さらないように注意しながら、殻から針先を1ミリだけ出して止めます(完全に貫通はNG)。釣法はイカリをおろして釣るかかり釣りなので、それぞれの釣り人の腕が存分に発揮できる釣りスタイルです。

 いよいよ第1投。最初は水深57メートルの底から探っていくので、標準タイプの捨て糸(一番下のエダスからオモリまでの糸)1メートルからスタート。底ダチをしたら糸を2メートル送り出して潮に仕掛けをなじませます。それから5メートル巻き上げて、時折聞きアワセを入れて再度底ダチをします。しかしエサ取りにエビをかじられるばかりで1時間。マダイのアタリはなく、これはアカン! と捨て糸3メートルの仕掛けで上の棚狙いに変更。しかし、エビの頭だけが残る状態は変わりません。

【続きを読む】