2021.4.27 12:00(1/2ページ)

乗っ込みマダイ本格化、2桁&5キロ超えも狙える 東京湾・剣崎沖

乗っ込みマダイ本格化、2桁&5キロ超えも狙える 東京湾・剣崎沖

  • 乗っ込みマダイがいよいよ本格化する。王様マダイを手に笑顔がはじける=東京湾・剣崎沖
  • 小菅さんもレギュラーサイズをゲット
  • 玉網とりは周りにも声をかけ慎重に行おう
  • 当日の仕掛け

 マダイの乗っ込みが本格的になってきた。赤い魚体が黒ずみ、腹は真子や白子でいっぱいだ。年に1回浅場へ産卵のために押し寄せ爆食いするのが乗っ込みマダイ。数は2桁、型は5キロ超えも狙え、マダイ釣りにとっても“ゴールデンウイーク”なのだ。憧れの大ダイを目指して神奈川県三浦市・城ケ島『一休丸』へ向かった。

 剣崎沖の大船団に合流した。星野隆洋船長から開始の合図。「水深は47メートル、タナは上から25メートル。下からタナを取らないで。餌取りの餌食になるからね」。コマセは8分目ほど詰めて投入。一気に出さずパラパラと出ていくくらいが良さそうだ。海面にビシを着け、その位置から指示ダナよりハリスの半分を足して落とし込む。31メートルまで落として竿いっぱい振り上げ、コマセの帯を縦にまき指示ダナの25メートルに。竿をロッドキーパーへセットし、アタリを待つ。

 すぐに隣でアタった。竿が弧を描き、手巻きで慎重に引きをかわしている。「本命ですね」と船長が玉網を手に駆け付けた。白い腹を見せ、浮かんだのは約1・5キロ。黒みがかった魚体はまさに乗っ込みマダイだ。

 今度は左トモで同型が取り込まれた。朝の時合を逃すまいとコマセを詰め、付け餌をチェックする。数回、同作業をしてもアタらない。右舷トモでも型が見られ、一人また一人とオデコがいなくなる。隣では2尾目が上がり、気持ちが焦る。

 自分の竿に何やら微妙なアタリ。竿を立てるとハリ掛かり! キュンと竿がしなる。マダイ特有の3段引きがない。糸を手繰り海中をのぞく。500グラムちょっとの小ぶりな本命をキャッチした。

【続きを読む】