2021.4.23 12:00

【はやみんのアラ還になってハマってみた】難攻不落?小田原でマルイカ&ムギイカ

【はやみんのアラ還になってハマってみた】

難攻不落?小田原でマルイカ&ムギイカ

  • なんとかムギイカの型を見た、はやみん。早速、沖漬けを仕込んだ=相模湾・小田原西沖
  • 繊細なアタリに合わせてマルイカを仕留めた
  • ムギイカの沖漬け

 マルイカが釣りやすい浅場でノり始めました。甘みが強い別名ケンサキイカです。同時にスルメイカの子供、ムギイカもこれから旬を迎えます。先取りをしようと、神奈川県小田原市・小田原早川『坂口丸』からマルイカ&ムギイカ釣りに出掛けました。軟らかくて甘いイカの沖漬けを作るためにタレも準備し、いざ小田原へ。

 難攻不落といわれた小田原城を背に湯河原の方へ船は進みます。西沖の水深30メートルでスタート。PE4号に電動リール。6センチのスッテ5本は直ブラでオモリは80号。オモリが着底したら糸フケを取り、ゆっくりとあおって止めて着ノリを確認。ノらなければ、ゆっくりと巻きながら下げて、またきき上げて止める。この繰り返しです。ところが、サワったかどうか全然分かりません。

 久保田忍船長は「マルイカは掛かってくるものじゃなくて、こっちから掛ける釣り。攻める技が必要。サワリが分からなければ、カラ合わせをして」と教えてくれます。

 左右の釣り人のタックルはどちらもPE1号でオモリ40号。糸のテンションをかけずふわっとした状態でスッテをゆする「ゼロテン釣法」でマルイカを釣っています。この水深なら電動は必要なかったなと思っていると、モワッとしました。手巻きで上げると、20センチほどのムギイカ。攻めるというより、結果オーライの釣れちゃた釣法です。早速、用意した保存袋にイカを入れて、タレも投入してクーラーボックスへ。沖漬けの一丁上がりです。

 その後もアタリは全然分からず。ミヨシでじゃんじゃん釣っている釣り歴20年の大迫智一さんに聞くと、「道糸はPE0・8号でオモリは40号。水深が60メートルのところではオモリは50号に。糸が細いと水の抵抗が少なく速くオモリが落ちるので有利です。でも今日は渋くて難しい」。人によってタックルもさまざま。スッテの色を状況を見ながら変えたり、タタキを入れる人も。マルイカには戦略が必要と実感。いろいろ聞いて回りますが、結論は出ず。まさに「ひとり小田原評定」です。

 結局、ムギイカ1尾に終わりましたが、大迫さんは21尾で竿頭。ムギは3割交じったとのこと。M部長に報告すると「専門の竿でゼロテンですね」との回答。僕には「ゼロテン(0点)」に聞こえました。やっぱり小田原は難攻不落。石垣山一夜城ならぬ、一夜漬けでお許しください。(速水裕樹)

 ★船長の見通し

 「渋かったですね。マルイカはもうしばらくいいと思います。これから潮温が上がってくると、ムギイカが良く釣れます。ゴールデンウイークの頃、最盛期は2週間程度と短いです。お店に出回らない、軟らかくておいしいイカが食べられるのは釣り人の特権。ぜひ遊びに来てください」

 ★イカの沖漬け

 調味液は釣行前日に仕込んで、ペットボトルに入れて持参します。

 〔1〕鍋にしょうゆ100cc、酒50cc、みりん50cc、砂糖大さじ1を入れて沸かし、ひと煮立ちしたら火を止める。

 〔2〕空いたペットボトルに、〔1〕を詰めて釣行へ。

 〔3〕保存袋に調味液を入れ、イカが釣れたら、船上でその袋の中へ。しっかり封をしてクーラーボックスに入れます。イカはタレを吸い込んで味が染み込みます。

 〔4〕一度冷凍する。

 〔5〕解凍したら輪切りにして食卓へ。

 程よいしょうゆの香りとイカの甘さが引き立ちます。釣り人の特権の料理、お酒が進みます。

ガイド

〈船宿〉サンスポ推薦=小田原早川『坂口丸』電話0465・22・8266〈交通〉JR東海道線・早川駅下車、徒歩で約5分。マイカーは小田原厚木道路終点から早川港へ〈乗合料金〉マルイカ・ムギイカと鬼カサゴ、ウイリー五目に出船、全船餌氷付き9500円、女性は7500円。毎月第2、3、4木曜が定休日。