2021.4.21 12:01

【松本ひでおのオフは釣り三昧】乗っ込みマダイ、ロングラン中 松本アナ、リベンジならず…代打・川目記者がトップ2尾

【松本ひでおのオフは釣り三昧】

乗っ込みマダイ、ロングラン中 松本アナ、リベンジならず…代打・川目記者がトップ2尾

  • 松本アナはスランプ中なので、代打の川目梢記者がマダイ2尾で竿頭です=内房・富浦沖
  • 松本アナ、マイクとフグを間違えちゃダメですよ~
  • 松本アナにヒット。マダイ特有の三段引きがみられず、アジが釣れました
  • 貴重なマダイ。玉網取りは慎重に
  • タイ魔神仕掛け

 今季はロングランの乗っ込みを見せているマダイに、松本ひでおアナウンサーが挑戦です。今月初旬の釣行でオデコを食らい落ち込みモードですが、過去に良い思い出のある千葉県鋸南町・安房勝山『萬栄丸』の午後船へ。“タイ魔神仕掛け”に、今回は工夫してハリスやビーズを持ち込んで気合十分。いつもと違う松本アナが見られるかも?!

 ◆大魔神に電話!

 「松本さん今日は釣りじゃないの? 釣り師が本業になったのかと思ってた(笑)。フグ釣ってたよね」。東京ドームのグラウンドにいた巨人・原監督から、スタンドで取材中の私が痛烈な一撃を浴びたのは15日、中日戦の試合前。米大リーグで活躍した佐々木主浩さんとのマダイ対決で私がフグしか釣れず、サンスポに情けない写真が掲載されていた日です。

 今回は気合を入れ、2号ハリスを用意。以前大魔神が終了間際の1尾を2号で釣ったのを思い出したのです。出船前に大魔神に電話。「落とし込みって何メートルくらい落とすの?」。恥も外聞もありません(汗)。「指示ダナより2、3メートル上にセットして徐々に落としていくんだよ。指示ダナより下にすると魚が散っちゃうからダメ。深く狙いたければハリスを長くすればいい」。ありがとう、いけそうな気がするよ!!

 ◆サバ、フグ、アジ

 現実は厳しかった。谷口信明船長の操船で富浦沖の水深60メートルへ。指示ダナは45メートル。落とし込んだり、ハリスの長さを替えたり、ガン玉を打ったり、2号ハリスを使ったり…思いつく限りのことをやってみたんですが、掛かるのはサバ、フグ、アジ。トモでご年配男性に川目梢記者が取材。「お孫さんのお食い初め用にタイが釣りたいんですって」。いい話だ。釣れたら差し上げよう。神様、善行をしますんでよろしくお願いします!!

 ◆タイ魔神仕掛け

 やがて川目記者が本命の700グラムを釣り上げました。「やった~!」と例によって天真爛漫な笑顔。おめでとうと言いながらも心中は穏やかじゃありません。天敵め! 俺だってと意気込んでいたら「来てるよ、来てるよ」と船長の大声。LINE中で置き竿にしていた川目記者がまたヒット。500グラムです。「サイコー♪」と川目記者が喜べば、船長も「まだ来るよ」。楽しそうなやり取りがうらやましい。必死にやってるのになんで釣れないんだ!

 結局私は今回も本命ゼロ。タイ魔神仕掛けの川目記者は2尾でご年配男性と並んで船中トップ。

 その晩、中日対広島戦のテレビ中継を見ていたら、中日の若手選手が打席で明らかに力んでいました。こんなに手首が固まってちゃ打てないだろうと思っていたら空振り三振。やっぱりなぁとつぶやいた直後、ハッと気がつきました。今日の自分と同じじゃん。写真は膨らんだフグをマイクに見立てました。原監督、またフグでした…ただ私の本業はアナウンサーです。(フリーアナウンサー)

 ★川目の目

 前回の大魔神との対決で、負けた上にオデコだった松本アナ。相当悔しかったようで、乗船前に釣具店へ立ち寄ります。仕掛けや釣り方をあれこれ工夫する大魔神に習い、ハリスやビーズを購入。いつになく真剣なまなざしを竿に向けますが、海底から“メデタイ”知らせは届くことなく…。

 帰路、コンビニでホットコーヒーを買う松本アナ。カップに落ちていくコーヒーを見つめ「いつもよりショックが大きい…」と、息でも吹きかけたら飛んでいってしまいそうな小さな背中。もう見ていられません。

 乗っ込みマダイも終盤ですが、ロングラン中なのでまだまだチャンスあり。「われこそは、松本アナにマダイを釣らせてやるぞ」という船長がいましたら、川目まで連絡を。挑戦者、お待ちしております!!

 ★船長の見通し

 「乗っ込みではありますが、盛り上がりが見えませんね。例年より潮温が低く、きょうは16・8度。18度くらいまで上がってくればマダイの食いが良くなってくるはずです。ここ最近は午前船で餌を食べたマダイが午後だと口を使わないパターンがある。午前船の方が釣れる確率は高いですね」

ガイド

〈船宿〉サンスポ推薦=安房勝山『萬栄丸』電話0470・55・1301〈交通〉JR内房線・安房勝山駅から徒歩で約7分。マイカーは館山道路・鋸南富山IC(23番出口)を降りて信号右折。道なりに約5分で勝山港〈乗合料金〉コマセ、氷付き8000円(午前は1万1000円)。平日は女性、子供割引有り。予約乗合で午後1時出船。午前船は5時出船。