2021.4.15 12:00(1/2ページ)

【松本ひでおのオフは釣り三昧×ニッカン】“タイ魔神仕掛け”で乗っ込みマダイ対決、大魔神が最大1・4キロ&4尾で4勝

【松本ひでおのオフは釣り三昧×ニッカン】

“タイ魔神仕掛け”で乗っ込みマダイ対決、大魔神が最大1・4キロ&4尾で4勝

大魔神(左)は最大1・4キロで4尾と圧勝。トラフグを釣った松本アナ、頬を膨らませても負けは負けです=東京湾・久里浜沖

大魔神(左)は最大1・4キロで4尾と圧勝。トラフグを釣った松本アナ、頬を膨らませても負けは負けです=東京湾・久里浜沖【拡大】

その他の写真(1/5枚)

 松本ひでおアナウンサー(59)の連載「オフは釣り三昧」と、ライバル紙とのコラボ企画。米大リーグで活躍した日刊スポーツ野球評論家の“大魔神”こと佐々木主浩さん(53)が今月のハタ対決で勝利し、3勝2敗1分け。このまま引き離される訳にはいかない大事なステージに、映画「釣りバカ日誌」のロケ地としても知られる“アウェー”日刊スポーツ指定=横浜市・金沢八景『太田屋』へ。好評発売中の“タイ魔神仕掛け”で乗っ込み中のマダイに挑戦です!!

 「さぁ2勝2敗1分で迎えた大魔神VS松本秀夫の釣りバトル、今回は久里浜沖で乗っ込みを迎えたマダイ対決であります!」

 スポーツアナ風に行くとこんな感じでしょうか。コテンパンにやられている感が強いと思いますが、実は全くの五分。

 北風が強く、道中は波をかぶるような海。太田一也船長の操船で久里浜沖へ。試合はすぐに動きました。プレーボール直後の2投目、大魔神がいきなり600グラムの本命をヒット! 置き竿にしたまま傍らに行って「おーっと、九回に出てくるはずの魔神が今日は初回から絶好調だ!」などと茶々を入れていたら、「邪魔だから仕掛けどけて」とカウンターパンチ。おっしゃる通り、マナー悪かったですね…。

 私にはアタリがなく、しかも度重なるハリス切れ。フグの仕業です。大魔神の方は切られることなく、さらに本命(500グラム)を追加しているというのに。「松ちゃん、コマセ振りすぎなんだよ、餌取りがいる時はパラパラと少しずつこぼれているくらいのイメージでいい」。優しいアドバイス。うーん、敵に塩を送られているようでは。

 ついに待望のアタリが来ました…というか、正確には回収したら掛かっていたんですが、ピョコピョコピョコ。明らかにマダイの引きではありません。なんと松本サイズ(30センチほど)のトラフグ。「値段だったら負けないよ!」。われながら情けない遠吠えです。

【続きを読む】