2021.4.7 12:00(1/3ページ)

五目超え!“六目釣り”達成/関西フィッシング

五目超え!“六目釣り”達成/関西フィッシング

特集:
関西フィッシング
  • 良型アコウ(右上)とメバルを4連で釣り上げた平井さん。左上からホウボウ、ガシラ、クロソイ。レンコダイを加えて“六目釣り”達成だ(撮影・親谷誠司)
  • ホウボウ
  • ガシラ
  • クロソイ
  • 日本海で多様な魚種をゲットし、クーラーボックスの中も賑やかだ
  • 今回使用した竿は、がまかつ「がま船メバルスペシャルFV-II」
  • 平井さんのメバルタックル
  • 一心丸

 丹後半島が本格的な春を迎えるこの時期、京都府宮津市里波見の「一心丸」(毛呂良隆船長)では、カタクチイワシなどの生きエサでシーズン終盤を迎えた良型メバルが狙える。さらに桜の開花とともに、ファンが多いのアコウ(キジハタ)釣りもいよいよスタート。がまかつフィールドテスターの平井憲さんが、30センチ超えメバル&良型アコウをダブルターゲットに、伊根沖のおいしい根魚五目釣りに挑んだ。

 丹後の山並みがうっすらとかすむ、伊根沖の水深約40メートルのポイント。エサのカタクチイワシを下顎から上顎へと通す口掛けにした胴突き5本バリ仕掛けを静かに投入した。着底の数メートル手前から指でスプールにブレーキをかけて落下速度を落とし、静かに着底させる。素早く糸フケを取り、底ダチして底から50センチ~3メートルをていねいに探る。

 数分後、竿先を海面から大きくゆっくり2メートルほど誘い上げ、少し戻して止めたところで竿先に「コツ」と前アタリが出た。その後、竿先を叩き絞り込むアタリで聞きアワセを入れる。乗ったようだ。続いてゆっくり誘い上げていくと、「がま船メバルスペシャルFV-II」が魚の引きを吸収して弧を描き、竿を震わせて追い食いを誘う。

 手応えは十分。巻き上げにかかる。リールのドラグを効かせて魚の抵抗をあしらい、一定のスピードで慎重に回収リーリングを楽しむ。期待通り、5本バリ仕掛けにメバル3匹とアコウ1匹が4連で海面上に浮かび上がり、春の訪れを告げてくれた。

【続きを読む】