2021.4.6 12:00

ロマンとグルメの深海にトライ!キンメ入門チャンス 伊豆七島・新島沖

ロマンとグルメの深海にトライ!キンメ入門チャンス 伊豆七島・新島沖

  • 写真〔1〕
  • 写真〔2〕
  • 写真〔3〕
  • 写真〔4〕
  • 写真〔5〕
  • 写真〔6〕
  • キンメ釣り標準仕掛け

 【朝比奈伸幸の“真”釣法】ロマンとグルメの深海にトライするなら今がチャンス! 静岡県東伊豆町・稲取『晃山丸』のキンメが入門に絶好のシーズンを迎えた。同宿では貸し竿から仕掛けまで一式セットになった乗船プランがあって挑戦者をサポート。今回は山崎穂積船長とともに、“日戻りトロキンメ”のブランド名でも知られる沖釣り屈指の美味ターゲットの攻略法をガイドする。

 ★全員が良型ゲット

 新島沖で当日は水深300~400メートルを狙った。底潮が流れず、群れの移動も速かったが、多点掛け=写真〔1〕=も見られ、30~46センチを4~20尾。当地らしい良型で乗船者を喜ばせた。船長は「濁り潮で浅めを狙いましたが、潮況がよければ、ポイントが広くて釣りやすい深場も狙います。今後海況がよい日が増えますから入門には最適です」と話す。

 ★貸し竿セットで楽々入門

 タックルの概要は別図を参照。深海釣り入門での難関は高価な竿とリール、手間とコストがかかる仕掛け。同宿には入門向けに「お手頃パックプラン」があり、乗船料に高品質のリールが付いたレンタルタックル=同〔2〕、治具(じぐ)に巻かれた餌付きの15本バリ仕掛け=同〔3〕=も投入回数分セットされている。あとはクーラーと小道具を持参するだけだ。

 マイタックル持参なら竿、リールの通電や作動状態、道糸の傷もチェック。仕掛けのハリ数は20本までだが、船長は資源保護のため15本バリを推奨。餌はカツオのハラモ、イカ、サケの皮などが高実績でサンマは使用禁止。細く(約1センチ)、長く(約15センチ)、薄く、海中でヒラヒラと動くように短冊切りにする。

 ★実釣最大のキモは投入

 投入は最高8回まで。通常、ミヨシから船長の指示で順番に行う。投入時にトラブルが生じた場合、その回の投入はパスとなるので注意。竿よりミヨシ側に立ち、仕掛けを巻いた治具の枠を右手、オモリを左手に持って待機=同〔4〕。順番が来たらオモリを放すと治具に巻かれた仕掛けが海中に入っていく=同〔5〕

 ★着底とアタリを見逃さない

 着底まで5~7分。潮が速いと道糸の放出が止まる着底のサインが一瞬。先に投入した人の仕掛けが着底したら、自分も近い。着底後の操作について船長は「カケ上がりではアタリの有無に関係なく、少しずつ巻き上げ続けて根掛かりを避けます。海底がフラットや下っていく場所では随時、底ダチを確かめながら、アタリを感知したら群れの中に仕掛けを置くイメージで潮に応じて道糸を送り出します」とアドバイス。

 アタリは竿先にククンと小さく出る場合も。巻き上げの指示が出されるまで、後続のアタリを楽しみに操作しよう。巻き上げ中は波で竿先が上がった時に滑るくらいにドラグを調整。水圧変化に強いキンメは海面でバラすと逃げてしまうので取り込み時は隣同士、玉網でキンメの落下をフォローしよう=同〔6〕

ガイド

<船宿>サンスポ推薦=稲取港『晃山丸』電話0557・95・1091<<交通>伊豆急行・稲取駅から徒歩5分。マイカーは小田原厚木道路終点から真鶴道路、熱海ビーチライン、国道135号で約1時間30分<乗合料金>朝の氷付き1万8500円(氷の追加1袋300円)。「お手軽パックプラン」は貸し竿セットと投入回数分の餌付き仕掛け&オモリを含み2万9000円(竿の損傷やロストは別途有償、治具は返却)。集合時間は予約時に確認。鉄筋1・8キロオモリ1本300円。協定により9月までは毎週火曜日がキンメ休漁、毎週土曜日は新島沖が禁漁。不定休。