2021.4.1 12:00

【竿々学々】新潟・佐渡島の渓流釣り 浜辺の波打ち際でイワナが釣れる!?

【竿々学々】

新潟・佐渡島の渓流釣り 浜辺の波打ち際でイワナが釣れる!?

特集:
竿々学々

 ――師匠、父に聞きましたよ。佐渡島に渓流釣りに行く計画立てているそうじゃないですか。私も連れて行って下さいよ。でも、佐渡島に渓流なんてあるんですか。

 「あるなんてもんじゃない。85水系、145河川が流れている。しかもそのほとんどの川が河口付近まで渓流の様相を呈しており、河口の波打ち際近くまでイワナやヤマメが生息している」

 ――え~、そんな事ってあるんですか。

 「あるんだよ、これが。俺も以前から話には聞いていたし、渓流仲間が通っていたんだが、なぜか行く機会がなくって残念に思っていたんだ」

 ――それが何で今回行くことになったんですか。

 「実は、新聞社時代の後輩が去年、佐渡島に移住したんだよ。トキの写真を撮りにずいぶん前から通っていたんだが、その間に島の人たちと仲良くなって、敷地700坪の“お屋敷”を買っちまった。それでこの間(秋)、人生初めて佐渡島に行ってきたってわけだ」

 ――佐渡島に移住って、仕事はどうするんですか。

 「おお、去年、新聞社を早期退社した。今後は佐渡島で暮らしていくそうだ」

 ――へえ~、すごい選択ですね。ところで佐渡島って淡水区の漁業協同組合ってあるんですか。

 「ああ、以前は数河川にあったようだが、今では1つの河川にあるだけになっているようだ」

 ――そうなると、渓流釣りの解禁期間ってどうなるんですか。

 「それは、新潟県条例に定められた期間ということになる。つまり、管轄漁協のある1つの河川以外は、3月1日から9月30日の新潟県の解禁期間中は釣りができるってわけだ」

 ――秋に行った時に渓流は見てきたんですか。

 「イヤ、その時は何かと時間が無くて見損なってしまった。なので、その後輩に地元のベテランたちに状況を聞いておくように頼んである」

 ――それにしても、海が見えるところでイワナやヤマメが釣れるって面白いですよね。早く日程を決めましょうよ。

 「まあ、ちょっと待て。“緊急事態宣言”も解除になったばかりだし、佐渡島の状況を聞いてから決めようと思っているところだ」

 ――そうですね。分かりました。私も行きますからね。忘れちゃ嫌ですよ。

 「ああ、分かったよ。父君にもう少し待ってくれるように言っておいてくれ」

 ――はい。分かりました。