2021.3.31 12:00(3/3ページ)

ビンチョウマグロ10キロ超!「トンジギ」近年大ブーム、美緒ちゃんもファイト/関西フィッシング

ビンチョウマグロ10キロ超!「トンジギ」近年大ブーム、美緒ちゃんもファイト/関西フィッシング

特集:
関西フィッシング
  • 10キロ超のビンチョウマグロを釣り上げた佐々木氏と美緒ちゃん(右)。トンジギって面白い!(撮影・澄田垂穂)
  • 村西アナも9・7キロのビンチョウを釣り上げた
  • 佐々木氏のトンジギタックル
  • 藤田渡船

 ★ワンポイントアドバイス

 紀伊半島南端の潮岬から三重県大王崎にかけてジギングでビンチョウマグロが釣れ盛っている。黒潮の蛇行でマグロが熊野灘に閉じ込められているのでは、と船長はいう。10キロ前後のカツオ、20キロを超えるキハダもヒットするので気が抜けない。

 釣りのコツは水深100メートル前後の遊泳層にジグを落とし、根気よくしゃくり続けること。回遊するマグロが魚探に映ってからジグを投入しても間に合わない。船はドテラで流すのでPEラインは斜めになる。垂直に落ちているときは100メートルでもラインが斜めになれば120、140、200メートルと送り込まないと遊泳層に到達しない。その辺の目安は船長が指示してくれる。PEラインの色分けを頼りに攻める水深を判断しよう。

 しゃくり方はゆっくりのワンピッチジャーク。10回誘ったらフォールを入れるのも有効である。200~300グラムのジグを一日中しゃくり続けることができるジャーク方法やペース配分が重要だ。私は、スピニングタックルは左巻き、ベイトタックルは右巻きとし、腕が疲れたらタックルを交換し、腕の疲労を分散するようにしている。

 ヒットしたら、リールのハンドルを巻き続けながら、しっかり追いアワセ、決してテンションを緩めず、魚の引きに合わせてポンピングで引き寄せる。釣り人の疲労軽減のためにもマンタベルトは必須だ。

 トンボが船縁に寄ったら、ジグをロッドの先まで巻き寄せる。万が一ジグが外れたときに顔を目掛けてジグが飛んでくる危険を避けるためだ。魚は何度も転回するが弱った頃を見計らいタモ網に誘導しよう。船長と声を掛け合いタイミングを合わせることも大切である。(シマノアドバイザー、佐々木洋三)