2021.3.31 12:00(2/3ページ)

ビンチョウマグロ10キロ超!「トンジギ」近年大ブーム、美緒ちゃんもファイト/関西フィッシング

ビンチョウマグロ10キロ超!「トンジギ」近年大ブーム、美緒ちゃんもファイト/関西フィッシング

特集:
関西フィッシング
  • 10キロ超のビンチョウマグロを釣り上げた佐々木氏と美緒ちゃん(右)。トンジギって面白い!(撮影・澄田垂穂)
  • 村西アナも9・7キロのビンチョウを釣り上げた
  • 佐々木氏のトンジギタックル
  • 藤田渡船

 またこの日、村西アナとシマノのアドバイザー佐々木氏も同船し、それぞれの誘い方で挑戦です。さあ、船中何匹のマグロがあがるでしょうか。

 水深1000メートルのところで300グラムのジグを150メートル糸出しして探ります。私の重装備では手持ちで誘えないので竿置きにセッティングし、電動リールの機能「さそい」を使用してスローワンピッチジャークのリズムで巻き上げます。糸残り50メートルくらいになったら再度糸出しします。

 両隣の村西アナや佐々木氏は手巻きスピニングリールで全身を使って誘いをかけています。どれが正解なのかは釣れてみないと分からないので取りあえず海にジグを入れ続けて誘い続けるのが基本。開始からしばらく靜かな状況が続きました…そして…9時頃、ようやく村西アナの竿がグッと曲がりました。

 「土のうを釣ったのか?」と村西アナ。疑いながら巻き上げていると急にドラグが音を立てて糸が出ていきます。これはマグロだ! 慎重に巻き上げて最後の10メートルレンジで再び糸が出ていきます。水面にシルエットが現れ、トンボを確認。糸がまた出ていき、ネットインまでの緊張したやりとりが続き、ようやくゲット!! 9・7キロのビンチョウマグロが釣れました!!

 よし、次は私の番だ! ということで電動ジギングなのでポチっとスイッチ一つで誘い続けます。なんだか怠けてるように見えますが、これはこれで釣りなのです(笑)。しばらくして船長の回収の合図で巻き上げていると…グググ…と竿が曲がり、電動リールの巻き上げが急に遅くなりました。残り50メートルのところでした。あっ! 釣れたかもしれない…と巻き上げスピードを緩めると…急に軽くなりました。

 あっちゃ~、バラしました。回収したジグにはしっかりと噛んだ痕がありました。痛恨のバラシ。

 この後、村西アナに再度アタックがあり、3キロのカツオをゲット。そして本命のトンボがヒットするも私のPEラインと絡んでフックアウト…。

 なんとかもう1匹誰か釣れないだろうか…。時刻は午後2時の終了間際、すると佐々木氏の竿がグググッと曲がり、ファイトスタート。10キロオーバーのトンボが釣り上がりました!!

 この一連をインタビューさせていただきました。

 「まずひったくるようなアタリがあった。3回ほど追いアワセを入れ、頭が向こうに向いたときは走らせて、またこちらに向いたタイミングで竿を上下させながら巻き上げていった。あまりひかないからビンチョウマグロだと分かったよ。ブリの方が引くからね」

 この日、船中でビンチョウマグロは4ヒット中2匹ゲット。手持ちで誘いを入れた方がヒットしていました。道具を変えて再チャレンジしたいと思います。

 「トンジギ」はシーズン終盤ですが、これからは天秤ズボの仕掛けでイサキやウメイロが釣れだします。イサキは梅雨にかけて白子や卵でパンパン。また串本といえば、味が良く貴重な「ウメイロ」が釣れることで有名です。昨年はウメイロ釣りをしていると80センチの大型マダイが釣れたという珍事が。串本ならではの魚の宝庫の探検を、ぜひ皆さまもお試しあれ!(釣り女師コラムニスト、住田美緒)

【続きを読む】