2021.3.25 12:01(2/2ページ)

【バスプロ山木一人のゴーゴールアー】ワラサヒット連発!大マサにひかれカリスマ船長の元へ

【バスプロ山木一人のゴーゴールアー】

ワラサヒット連発!大マサにひかれカリスマ船長の元へ

  • 山木プロの隣で竿を出し、ワラサを仕留めた吉清良輔船長。見事なドヤ顔です=外房・川津沖~御宿沖
  • 丸々と太ったサンパクを釣り上げた山木プロ(左)と和気あいあいの吉清船長
  • スタッフ的確アドバイス根掛かりやライントラブル時もノットを作り直してくれる
  • 夕まずめのチャンスタイム。熱心にキャストする釣り人たち
  • 使用タックル【タックル〔1〕】ロッド=テイルウオーク・スプリントスティック80MH、リール=シマノ・ステラ10000HG、ライン=オシアEXPE85号、ルアー=オシア別注平政165Fフラッシュブースト【タックル〔2〕】テイルウオーク・KUROSHIO80M、シマノ・ツインパワー8000HG、オシア84号、オシアペンシル115XS【タックル〔3〕】シマノ・GAMETypeJS60-3、ツインパワー8000HG、オシアジガーMAX44号、スティンガーバタフライキングスラッシャー120~240g

 ★強烈な引き堪能

 しかし、残念ながらヒラマサは一度も姿を現さず、再びジギングに。カリスマ船長が読んだ時合だったのか、船中あちこちでサンパクがヒット。ランディングから血抜き、神経締めまで行うスタッフは、ネットを手に船上を走り回らなければならない状況に。筆者もネットですくってもらうために、毎回わざと時間をかけてリーリングするなど、丸々と太ったサンパクの強烈な引きを堪能でき、楽しさ倍増だった。

 その後再びヒラマサチャレンジのタイミングもあったのだが、この日は最後まで姿を見せてはくれずに終了となった。

 持ち帰ったサンパクを調理したところ、脂ノリノリで驚くほどにおいしく頂いた。(APC・山木一人)

 ◆使用タックル◆

 【タックル〔1〕】ロッド=テイルウオーク・スプリントスティック80MH、リール=シマノ・ステラ10000HG、ライン=オシアEXPE8 5号、ルアー=オシア別注平政165Fフラッシュブースト【タックル〔2〕】テイルウオーク・KUROSHIO80M、シマノ・ツインパワー8000HG、オシア8 4号、オシアペンシル115XS【タックル〔3〕】シマノ・GAME TypeJ S60-3、ツインパワー8000HG、オシアジガーMAX 4 4号、スティンガーバタフライ キングスラッシャー120~240g

 

ガイド

〈船宿〉サンスポ推薦=川津『宏昌丸』電話0470・73・1082〈交通〉JR外房線・勝浦駅下車、タクシーで約5分。マイカーは圏央道・市原鶴舞ICから国道297号経由で約40分〈乗合料金〉午前釣りは氷付き1万1000円。午後は同1万円。予約乗合で午前釣り6時、午後釣りは正午出船。毎月第1、3土曜日が定休。