2021.3.24 12:02(3/3ページ)

メバルの春満開、桜よりひと足早くやって来た!/関西フィッシング

メバルの春満開、桜よりひと足早くやって来た!/関西フィッシング

特集:
関西フィッシング
「アクアパッツァ」

「アクアパッツァ」【拡大】

その他の写真(3/4枚)

 ★ワンポイントアドバイス

 メバルは魚体のわりに引き味は力強くファイトはスリリング。上品な味わいは刺し身にも、煮付けにももってこい。絞りたて微発泡生酒にもよくあう。

 縦方向に群れをつくり、大きな個体は上の方に定位する。だから、タナを探るには3~8メートルもある長サビキ仕掛けが断然有利だ。私のオススメはアシスト工房の「職人メバル仕掛」。仕掛けが長いのでロッドガイドに疑似バリが絡んだり、細いハリスが絡むことも多い。こうしたトラブルを回避し、手返しよくさばくのがこの釣りのコツだ。

 そのためにも仕掛けを上げたときは風向きを見極め、ロッドの風下側にサビキを誘導しよう。これを意識するだけで、トラブルは激減。ゴムマグネットを活用のも一計だ。サビキメバル用に開発されたインナーガイド(中通し)の長竿を使用するのも快適である。

 根の荒いポイントでは船長が水深を頻繁にアナウンスしてくれる。根掛かりで仕掛けを失わないためにもリールはカウンター付きを。細くて長いサビキ仕掛けを手返しよく使いこなすのも釣技である。旬のメバル釣りにチャレンジして、さらなる釣技向上を目指そう。(シマノアドバイザー、佐々木洋三)

 ★「アクアパッツァ」ワインでごちそうさま

 良型のメバルを余すところなく堪能したいと、「アクアパッツァ」「を作りました。「不思議な水」という名前の通り、メバルとアサリから最高のスープが出て、それを身にたっぷり含ませていただきます。新鮮でプリっとした身が甘く柔らかく、スープの残りはカリっと焼いたバゲットに吸わせてあっという間に平らげてしまいました。ワインに合うのでぜひお試しを!

ガイド

丸松乗合船、明石市岬町<電話>090・6981・4620<乗船料>メバル・ガシラは乗合船1人7500円。季節によって出船が異なるので要確認<貸し竿>1本1500円。できるだけ持参を。仕掛けは船中でも販売<交通>JR、山陽電車とも明石駅下車、送迎あり。車は阪神高速神戸線、第二神明道路の大蔵谷インターを下り明石方面へ