2021.3.24 12:02(1/3ページ)

メバルの春満開、桜よりひと足早くやって来た!/関西フィッシング

メバルの春満開、桜よりひと足早くやって来た!/関西フィッシング

特集:
関西フィッシング
ほぼ同時に良型メバルを釣り上げた村西アナ(右)と佐々木氏。一足早く春本番だ(撮影・澄田垂穂)

ほぼ同時に良型メバルを釣り上げた村西アナ(右)と佐々木氏。一足早く春本番だ(撮影・澄田垂穂)【拡大】

その他の写真(1/4枚)

 【村西アナの釣り女にア~ナりたい】春の訪れを告げるメバル釣りが、最盛期を迎えている。かわいいフォルムながら力強い引きが魅力のメバルは、食べてもおいしい。カンテレの村西利恵アナウンサー&シマノの佐々木洋三アドバイザーの名コンビで3月10日、兵庫県明石市の明石浦漁港から丸松乗合船(松本正勝船長)に乗船。29センチの良型を釣り上げ、早くも春満開だ。

 「春を告げる」といえばこの魚! 3月中旬に明石へメバル釣りに行ってきました。乗船したのは老舗の人気船宿、丸松乗合船です。船着き場となる明石浦漁港では堤防の工事が行われていて、数年前にアオリイカ狙いで訪れたときと比べると、きれいに整備され景色が一変していました。

 朝5時半に港に集合し、6時前には出船。最初のポイントは港からまっすぐ南下した淡路島の江崎沖辺りです。

 明石での基本的な釣り方は、長い竿に長い仕掛けを付けたサビキ釣り。これは一度に広いタナを探ることができ、「追い食い」を狙うにはもってこいの仕掛けなのですが、長竿の扱いがどうにも苦手。佐々木師匠にお願いし、あえて短くて感度の良い竿で挑むことにしました。

 今回使用したアシスト工房の「職人メバル仕掛け」はハリ8本、4メートルほど長さがありますが、取り込みに気を付ければ短い竿でも絡むことなく快適に扱えます。

 30号のオモリを付けて一度海底まで落とし、底が荒いのですぐに2メートルほど上げて魚の反応を待っていると…。まずは船の反対側にいたお客さんが、メバルをGET。続いて私がいる左舷のトモのお客さんの竿も曲がります。まだかまだかと待っていると、7時を回ったところでやっとググっとした小気味よいアタリ! 特にアワセは入れず巻き上げてみると、20センチを少し超えるかわいいメバルが姿を見せました。黒く潤んだ大きな瞳がなんとも言えない美しさです。

【続きを読む】