2021.3.11 12:01(1/2ページ)

【女子のミカタ】アジ、半日船で50尾超も 東京湾・走水沖の早い潮で育った幅広ボディー

【女子のミカタ】

アジ、半日船で50尾超も 東京湾・走水沖の早い潮で育った幅広ボディー

名人技で“走水サイズ”37センチをゲットした川目記者。重すぎて口切れしちゃいそう=東京湾・走水沖

名人技で“走水サイズ”37センチをゲットした川目記者。重すぎて口切れしちゃいそう=東京湾・走水沖【拡大】

その他の写真(1/5枚)

 お手軽な半日船でビッグなアタリを楽しもう。神奈川県横須賀市・走水『海福丸』のアジがトップ30~50尾台も出て好調だ。走水沖の速い潮で鍛え上げられた“幅広ボディー”は上質な脂で甘みたっぷり。さらに今回は、女子や初心者へ向けた、コマセを扱う便利グッズも紹介しちゃいます。午前船で名人2人を発見した川目記者、いろんな技を盗みます!!

 走水沖の水深70メートル。梅沢直樹船長の合図で、赤タン餌の2本バリを3メートルのタナへ。早速、ギギギー。なんて心地のよい巻き上げ音。私の1尾目は全長33センチ、幅8センチ。走水沖のアジは名前の通り“走るような水(潮)”で育つので、幅広なのが特徴です。これぞ“走水サイズ”のムキムキアジが、船内にバタンバタンと響き渡ります。

 アジ釣りって“コマセを振って、タナに合わせて待つ”を繰り返す単純作業だけど、釣れない時間にどう釣るのか? が釣り歴浅い私には難しい。まさに、そんな苦しい時、名人2人が“お助けマン”で登場です。

 「30秒待ってアタリがなければタナを取り直す」と早めのサイクルで攻めの姿勢なのは、竿頭で常連の渡辺清名人(65、横浜市)。早速マネして連釣。ググン、これはデカいぞ。海面をのぞくと40センチ近い。勢いよく引き抜く…プチッ。あ~、口切れです。走水サイズはヘビー級、フワッと持ち上げ優しく取り込んでくださいね(泣)。

 道糸にアジがすれる感覚から、竿を持つ手でタナ判断しているのは、こちらも竿頭常連の大山利光名人(55、横浜市)。「水族館で観察すると底から6メートルや1メートルで泳いでるんだよね~」とアジのリアルな生活を見て実践する派。沈黙した私の竿に「今、2メートルでアタってるよ」と大山さん。

 さらに渡辺さんのフワッフワッと誘い上げる作業を手持ちで細かに行うことで、渋い時間に連釣。さらに37センチも登場です。アジが食ったんじゃなく、この食わせた感覚…たまりません。2人の併せ技で私は23尾ゲットし、船中18~37センチを8~38尾で竿頭は渡辺さん。午後船の釣果を聞くと53尾と絶好調でした。

【続きを読む】