2021.2.12 12:00(2/3ページ)

【女子のミカタ】バレンタイン“キス”坂本名人の妙技にメロメロ 東京湾・中の瀬

【女子のミカタ】

バレンタイン“キス”坂本名人の妙技にメロメロ 東京湾・中の瀬

“女王を口説く”ため竿を振る坂本名人。34尾で堂々の竿頭に

“女王を口説く”ため竿を振る坂本名人。34尾で堂々の竿頭に【拡大】

その他の写真(2/3枚)

 通常はショート船ですが、この日は半日で14~21センチを6~34尾。もちろん竿頭は坂本名人。「ポンコツ2人だけだったらヤバかったね」と9尾の川島店主と6尾の私で猛省。皆さん、うまい人がいたら遠慮なく聞く、コレが一番です。『進丸』では出船30分前のレクチャー付きで初心者も安心。カップルや親子でお気軽な“バレンタイン・キス”はいかが。(川目梢)

 ★船長の見通し

 「活性が低い時期なのでキスに合わせて待つ時間も必要。餌の青イソメはできるだけ細いものを選び、堅い口元は取って食べやすくしてあげることが大事。名人を見てると、オモリが着底してから仕掛けが馴染むまで時間を掛けているね。あとは経験の差かな。出船30分前にはレクチャーも行っていますので気軽に遊びに来てください」

【続きを読む】